1年の契約と一生涯の契約、どちらが安心?

近い未来を考えるか、さらにその先を考えるか……?

近い未来を考えるか、さらにその先を考えるか……?

どちら? となると多くの人は「一生涯の安心」を求めたがることでしょう。しかし、もう少しシンプルに、虚心に考えてみましょう。保険や共済を利用する際、運営側と加入者は契約を結びますが、1年更新の契約と一生涯に渡る契約を結ぶ場合とではどちらが「安心」でしょうか?

筆者は「1年更新が良い。終身契約は一考にも値しない」と思っています。契約内容が更新されないことが、大きな不安材料だからです。

これは、歴史が教えてくれることでもあります。一般に保険や共済の保障は「定額」です。契約時に決められた給付額がいつまでも変わらないわけです。都道府県民共済の「生命共済(掛け金2,000円コース)」を例にしてみましょう。

病気入院に対する保障が始まったのは1977年。その時の日額は1,500円でした。大卒初任給が10万1,000円ほどだった頃のことですから、41年後の今となっては少額に感じられるでしょう。定額契約は、貨幣価値の変動に弱いのです。

都道府県民共済では、商品改訂の際、既存の契約も新しい保障内容に移行する措置が取られてきたために、古い契約が陳腐化することは回避できているはずです。しかし、少なくとも筆者は、保険会社が同じような措置をとった例を知りません。保障内容が時代に合わなくなったと認識した加入者は、悩ましいことになると思われるのです。

また近年では、入院保障自体の必要性を疑う人もいます。政府は2025年までに一般病床の大幅削減を目指しており、これが実現すると、平均入院日数が短縮されるに違いないからです。

つまり「入院保障」の価値が今より下がることになるのです。2016年度の個人向け保険における入院給付金支払額は、1件当たり10万6,000円弱です(※)。平均値は一部の高額な給付事例により上がる傾向があることから、実際には数万円程度の給付が一般的なのだろうと推察します。

さらに給付額が下がる事態を想像すると「数万円のお金のために保険に入る必要はない」と考える人がいても、不思議ではありません。入院日数に連動した保障内容が「変わらないこと」が、弱みになっているわけです。

このように、長期契約であればあるほど、環境の変化など諸々の不確実性に対応し辛いことはおわかりいただけるでしょう。「サイズやトレンドの変化をも不問に出来る『一生モノ』の服が本当にあるのだろうか?」と想像してみるとよいかもしれません。

それでも「終身」を選ぶ本当の理由はどこに?

(※)生命保険協会「生命保険事業概況」より算出