【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


ビットコインアドレスとは?

ビットコインアドレスとは、ビットコイン取引の際に使用される個人識別の番号です。基本的には1または3から始まる26~35文字の英数字から成り立っており、その英数字の羅列か、またはQRコードで表示されます。
ビットコインアドレスとは?

ビットコインアドレスとは?


このビットコインアドレスは、ビットコインを送金、または受け取る際に必ず必要です。例えば送金をする場合は、相手(送金先)のビットコインアドレスの英数字を入力するか、QRコードを読み取って送金を行います。受け取る場合は、相手(送金元)に自分のビットコインアドレスの英数字を伝えるか、自分のQRコードを読み取ってもらうことで送金してもらいます。つまり、ビットコインアドレスとは金融機関における口座番号のようなものです。

ビットコインアドレスは、ビットコインアドレス生成サービスを行っているウェブサイトやウォレット、仮想通貨取引所のウォレットで誰でも無料で取得することができます。オンラインで簡単に作ることができますが、ハッキングのリスクを避けるためにオフラインでも生成可能です。ビットコインのウォレットサービスを利用していれば、自分のQRコードや英数字の羅列をすぐに表示してくれます。

ビットコインを送受信する際に相手に教えてもらったり、自分のアドレスを教えたりする際に利用するビットコインアドレスは、「公開鍵」です。文字通り、一般に公開されても安全面ではなんの問題もありません。

ただし、「秘密鍵」とは、文字通りにビットコインを保管する際に自分だけの秘密にしておく必要がある情報です。金融機関サービスに例えると、取引を行う際の暗証番号のようなものです。この秘密鍵が第三者に知られてしまうと、ビットコイン流出の被害に合う恐れがありますので、秘密鍵の保管には十分に注意しましょう。

インターネット環境にあり、双方がビットコインアドレス(公開鍵)を知っていれば、24時間どこからでもビットコインをやりとりできます。ビットコインアドレスを使った取引記録(トランザクション)は、ウェブサイト上で確認することができ、どのアドレスにどのような送金、または受取があったかを自分を含め誰もが閲覧できます。

このため、同じアドレスを使い続けると(特に受取の際に)残高の推測ができてしまうため、多額のビットコインを持っていることがわかればクラッキングのターゲットになりかねません。ビットコインアドレスは何個でも生成できますので、取引の際は毎回違うアドレスを使うことが推奨されています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。