共済(都道府県民共済)の特徴

選択肢が多いと選べない、少ないと不安…。自分のことだからしっかり考えて選ぶものなのですが…

選択肢が多いと選べない、少ないと不安…。自分のことだからしっかり考えて選ぶものなのですが…

共済(都道府県民共済)の特徴は、具体的には以下の3つです。

【1】 選択肢の少なさ
生命保険の商品は、死亡・医療・年金といった区分だけで両手に余ることが珍しくありません。加えて、保障額・期間・特約・保険料払い込み方法など、多くの組み合わせがあります。どこから手を付けたらいいのかわからなくなる人もいるでしょう。

一方、共済の選択肢は限られています。たとえば、申し込みができる満18歳から満64歳の人の場合、「総合保障型」「入院保障型」「総合保障型+入院保障型」の3つで、追加できる特約も4種類にとどまります。

総合保障型にも、掛け金により3つのコースがありますが、18歳から64歳まで均一料金で保障内容もシンプルなので、頭を抱えてしまうようなことにはなりにくいだろうと思います。

本来、選択肢が多いのは悪いことではないはずです。ただ、筆者は弊害を感じているのです。営業担当者などに「皆はどうしていますか?」「おすすめは何ですか?」と質問する人が少なくないからです。

自分自身の問題ですから、保険や共済の素人である「皆」の選択を真似ることはしないほうが良いはずです。営業担当者などの「おすすめ」も、できれば避けるほうが無難でしょう。お金そのものが商品である金融の世界では、手数料等の多寡が商品価値と直結しているからです。

これらは、行動経済学で言うところの「情報負荷」が人の判断を妨げていると思われる例です。私は、営業担当者などの説明が不要なくらい明快な商品やサービスが望ましいと考えます。

【2】 掛け金の安さ
保険や共済で加入者に還元されるのは、保険料・掛け金から運営側の経費を引いた残りのお金です。つまり、加入者全体の収支は、原則、マイナスになります。広く長く利用するほどお金が失われやすい仕組みなのですから、保険料負担などは抑えるに越したことはありません。

保障内容等の面から「『安かろう・悪かろう』ではいけない」と言う人もいますが、保障の対象を、たとえば子育て世代の急死のような「頻発はしないが重大な事態」に限定すれば、安い料金でも手厚い保障が可能になるはずです。

その点、保険や共済の現行商品には疑問があります。1日目からの入院保障など、「発生しやすいが重大ではない事態」を対象にしているからです。

それでも、共済では掛け金2,000円程度の商品が主流です。一生涯の保障を提供していないことや貯蓄性がないことが要因でしょう。また別の機会に詳述しますが、この2点は実は、長所なのです。

お金の流れはわかりやすいか?