「ラデュレ」日本初の路面店は、新しいイメージの内装&限定コレクションに注目!

「ラデュレ 青山店」のショーケース

「ラデュレ 青山店」のショーケース

2018年3月22日、パリの老舗老舗パティスリー「ラデュレ」の、日本初となる路面店「ラデュレ 青山店」がオープンしました。場所は、表参道駅からも近い骨董通りの入り口。明るいガラス張りのサロン・ド・テは、店内に60席、テラスに12席が設けられ、ゆったりとした雰囲気です。内装も、日本一号店となった銀座店が18世紀のフランスの宮殿を思わせるイメージなのに対し、よりモダンさが加わり、マリー・アントワネットと現代の東京との出合いを描いた、可愛らしくシックな空間となっています。

さらに、パティスリーや人気のマカロンにも、青山店の限定コレクションが登場しているので、お見逃しなく!ファンの多いマカロンボックスにも、青山店限定の品があります。
「ラデュレ 青山店」限定パティスリー「エヴィダンス・ユズ」(税込907円)

「ラデュレ 青山店」限定パティスリー「エヴィダンス・ユズ」(税込907円)

ぜひ召し上がっていただきたいのが、「ラデュレ 青山店」限定コレクションとなる、パティスリーとマカロンです。

限定パティスリー「エヴィダンス・ユズ」は、柑橘類の皮入りのマドレーヌ生地になめらかな柚子の風味のクリームとやさしいココナッツムースを重ねています。さらにクリスピーなパールの食感のアクセントを加え、柚子の色のグラサージュで包みました。チョコレート製のグリーンの葉を飾り、細かいココナッツフレークも散らして、愛らしい柚子の姿を描いています。爽やかな柚子と甘い香りのココナッツという組み合わせが、日本人がイメージする柚子の使い方とはまた違い、「ラデュレ」ならではの提案ですね。

“エヴィダンス evidence”はフランス語で、“証拠・明らかなもの”といった意味なので、まさに、「見ても食べても、明らかに柚子だなぁ」と感じながら召し上がれ!
「ラデュレ 青山店」限定マカロン「ユズ」(1個税込303円)

「ラデュレ 青山店」限定マカロン「ユズ」(1個税込303円)

2枚のオレンジ・イエローのマカロンのコック(皮)の間に、ほんのりした甘さと苦みが特徴の柚子の香りのクリームを挟んでいます。

マカロンは他にも、人気の「ローズ」をはじめ、抹茶風味のガナッシュを挟んだ「マッチャ」や、春限定で4月末まで販売予定の「サクラ」、「ラデュレ」オリジナルティーの香りのクリームを挟んだ「テ・マリー・アントワネット」など、全16種ほどのマカロンが揃います。
「ラデュレ 青山店」限定マカロンボックス「テイエール」(マカロン6個入税込2,516円)

「ラデュレ 青山店」限定マカロンボックス「テイエール」(マカロン6個入税込2,516円)

洗練されたデザインが揃う「ラデュレ」のギフトボックスが好きというファンの方も多いですが、「ラデュレ 青山店」限定のマカロンボックスもあります。様々なティーポットやティーカップが描かれた柄のボックス「テイエール」は、好きなマカロンを6個選んで詰め合わせにできるので、プレゼントにもぴったりです。
「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶ「イスパハン」(1個税込907円)、「プレジール・シュクレ」(1個税込799円)など

「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶ「イスパハン」(1個税込907円)、「プレジール・シュクレ」(1個税込799円)など

もちろん、「ラデュレ」を代表するパティスリー類として、ローズとフランボワーズとライチを組み合わせた「イスパハン」や、様々な食感のショコラのパーツが味わえる「プレジール・シュクレ」や、モンブランに柑橘を合わせた「モンブラン・アグリュム」なども並んでいます。

2つのシューを上下に重ねた形が可愛らしい「ルリジューズ」は、オープン時期にはローズ・フランボワーズですが、季節によって味が変わっていくのも楽しみです。
「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶ「フレーズ・ラデュレ」(1個税込1,004円)

「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶ「フレーズ・ラデュレ」(1個税込1,004円)

苺の姿を模った「フレーズ・ラデュレ」も、思わず胸のときめく品の一つです。こちらは、ココナッツ風味のダックワーズビスキュイ生地と、苺のムースクリーム、苺のコンフィと苺を組み合わせた、見た目も中身も苺尽くし!

「ラデュレ 青山店」では、これらのパティスリー品のテイクアウトとイートインができる他、銀座店と同様、「アフタヌーンティー」のセットも注文可能です。「アフタヌーンティー」は2名以上での注文となり、2名分の場合、好きなマカロン4点とパティスリー2点をショーケースから選ぶことができます。これにお任せサンドイッチ4個と、焼き菓子やショコラなど日替わりのお菓子がついて、ティースタンドで提供。紅茶かコーヒーが選べ、これと別にジュースもついてきます。
「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶショコラのギフトアイテム

「ラデュレ 青山店」のショーケースに並ぶショコラのギフトアイテム

もちろん、オランジェットやミニタブレットといった、ショコラのギフトアイテムも揃い、愛らしいデザインボックス入りの様々なコフレや、紅茶が並んでいるので、手土産選びにも重宝しますね。
「ラデュレ 青山店」のサロン・ド・テの内装

「ラデュレ 青山店」のサロン・ド・テの内装

「ラデュレ」といえば、パステルカラーと、ヴェルサイユにインスパイアされた芸術美で知られますが、今回の店舗は、パリを拠点に世界で活躍する女性建築家・デザイナーのインディア・マダヴィ(India Mahdavi)女史のデザインによるもの。既に、2016年スイース・ジュネーブに、2017年ロサンゼルスにオープンした「ラデュレ」のブティック&サロンは、大きな称賛を受けています。

そんな彼女が手掛けた「ラデュレ 青山店」の内装は、モダンな“ツイスト”が目を引きます。壁にはポップなイメージの白い格子ラティスが配され、奥の空間には、フラワーモチーフのライトがアクセントを加えています。
「ラデュレ 青山店」の内装

「ラデュレ 青山店」の内装

この空間のために用意された家具や装飾的なライティングは、美食とやさしさへのオマージュ。扇の形を描く贅沢な長椅子や、ねじれたキャンディ・スティックのような脚が特徴の白いテーブル。グレーと白のグラフィカルなマーブルの床。天井には、メレンゲのような形が可愛らしいシーリングライトなど、優美な空間に心癒されます。

よりモダンなイメージの「ラデュレ」の雰囲気が楽しめる「ラデュレ 青山店」。新たな人気スポットとなりそうです。

<ショップデータ>
「ラデュレ 青山店」
東京都港区南青山5-9-15
電話 03-6418-5325
営業時間 11:00-20:00(L.O.19:00)
定休日 不定休

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。