フィラデルフィア半導体株指数(SOX)とは?

フィラデルフィア半導体株指数(The Philadelphia Semiconductor Index、略称:SOX指数)は、米国のフィラデルフィア取引所が発表している、調整時価総額加重平均指数です

フィラデルフィア半導体株指数(The Philadelphia Semiconductor Index、略称:SOX指数)は、米国のフィラデルフィア取引所が発表している、調整時価総額加重平均指数です


フィラデルフィア半導体株指数(The Philadelphia Semiconductor Index、略称:SOX指数)は、米国のフィラデルフィア取引所が発表している、調整時価総額加重平均指数です。米国に上場している半導体の設計、流通、製造、販売を手がける銘柄で構成されます。2018年3月20日時点の構成銘柄と構成ウェートの目安(単純時価総額から筆者が算出)は下記のようになっています。日本企業は含まれていませんが、その動向は日本の半導体関連株に大きな影響を与えます。
2018年3月20日時点の構成銘柄と構成ウェートの目安(単純時価総額から筆者が算出)

2018年3月20日時点の構成銘柄と構成ウェートの目安(単純時価総額から筆者が算出)

世界のIT銘柄の動向を示唆

フィラデルフィア半導体株指数の月足の長期チャート

フィラデルフィア半導体株指数の月足の長期チャート

上記はフィラデルフィア半導体株指数の月足の長期チャートです。2018年2月の世界的な株価急落後、日経平均やダウ平均は最高値更新がすぐにできませんでしたが、ナスダックやフィラデルフィア半導体株指数は3月に最高値を更新しています。日本の代表的な半導体銘柄の1つである東京エレクトロンも似た動きであり、2008年のボトムで2千円台だった株価は現在2万円台となっています。

同指数が前回高値を取ったITバブル期に比べ、IoT、自動運転、AIなどへの広がりにより、各段に半導体の重要性や存在感は増しているため、当然の結果と言えます。今や世界で最も大きな5社(アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト)となった各社の製品・サービスは、全て半導体技術によって支えられています。その意味ではフィラデルフィア半導体株指数はIT銘柄の動向を示唆する指標とも言えるでしょう。

参考:米国株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。