「春アウター」にはジャケット・Gジャン・ブルゾンがおすすめ!

春におすすめの3大アウター

ジャケット、Gジャン、ブルゾンを着回し

まだ肌寒い日が多い春先にはそこそこの防寒性を備えたアウターが手放せません。お天気が不安定な時期でもあり、脱いだり着たりが自在の羽織り物が頼れるお供になってくれます。ジャケット、Gジャン、ブルゾンという、性別にとらわれない「ジェンダーレス」系は春アウターのベスト3なので、上手に着回していきましょう。
   

春アウター1:金ボタンの「紺ブレ」

正統派イメージを印象づけてくれる、紺ブレの金ボタン

正統派イメージを印象づけてくれる、紺ブレの金ボタン

アメリカの良家学生ルックを思わせるネイビーブルーのブレザー(紺ブレ)は人気が復活しています。育ちのよい東部学生テイストは女性の装いに持ち込んでも、グッドガールの雰囲気。きちんと感が伝わるので、着て行く場面を選びません。

紺ブレの目印とも言える金ボタンが正統派イメージを印象づけてくれます。手持ちの白シャツやジーンズと合わせても、きれいめルックに仕上がる「まとめ力」は紺ブレならではです。
 

春アウター2:オーバーサイズの「Gジャン」

少しオーバーサイズのGジャンでこなれ感を出して

少しオーバーサイズのGジャンでこなれ感を出して

ラフなイメージのあるデニムジャケット(Gジャン)ですが、アレンジ次第では雰囲気をぐっと大人っぽく変えられます。ポイントは靴。ハイヒールやチャンキーヒールで合わせれば、レディーライクなたたずまいに。

さらに、すっきりシルエットのクロップドパンツにすると、ストリート感が薄まります。主役のGジャンは少しオーバーサイズの寸法を選ぶのが賢い判断。ゆったり感が出て、余裕も漂います。着丈が長めのトップスを着込んで、裾をウエストアウトすれば丈違いレイヤードが縦長イメージを引き出してくれます。
 

春アウター3:スポーティーな「ブルゾン」

若々しさやフレッシュなムードを演出してくれるブルゾン。

若々しさやフレッシュなムードを演出してくれるブルゾン。

スポーティーな着映えのブルゾンは若々しさや元気感を帯びるから、フレッシュな装いにスイッチしたくなる春先に重宝します。脱ぎ着が簡単で、肩掛けや腰巻きにもしやすく、微妙な温度調節にも役立ちます。ボーイズっぽく見えるのが気になるなら、フェミニンな表情のプリーツスカートとのマッチングを試して。

つやめきを宿したメタリック系生地を選べば、さらにたおやかなムードに仕上がります。イエローがジューシーな、オープントゥのチャンキーヒール靴を添えれば、足元からキュートさもプラス。寒くない日は袖を少しまくると、軽やかに映ります。
 

「買い」の春アウター、3アイテムそれぞれのメリット

・紺ブレは、きちんと感と正統派イメージが両立
・Gジャンは、ゆったりレイヤードで細感を強調
・ブルゾンは、着脱簡単で若々しいルックに


春アウターは冬コートほどにはかさばらないので、多彩なスタイリングが楽しめます。前を開けてのレイヤードをはじめ、テイストミックスや肩掛け、袖まくりなども組み合わせて、自分好みに着回していきたいものです。

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」

【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。