ブームの「肩落とし」スタイルとは? 最旬の着こなし術

シャツや羽織り物のショルダーをずり落としてまとう「肩落とし」の着こなしがブームになっています。

襟の後ろを引っ張って着る「襟抜き」、肩を露出する「オフショルダー」からさらに進化。ワンショルダー風に素肌をのぞかせる演出です。オフショルに比べて、辛口に着こなせて、こなれた感じに見えるのが肩落としのメリット。ショルダー部分を全部露出しない分、大人もデイリーのスタイリングに取り入れやすいのも魅力です。この夏に向けた着こなしのバリエーションをレクチャーします。


カットソーの肩落としで、ほんのり大人の色香を漂わせて

肩落としスタイル

白ワイドパンツで清涼感のあるコーディネート 
(c)Rie Miyata


肩落としスタイル

ストラップで見せる技ありモノトーンコーデ 
(c)Rie Miyata


シャツやブラウスの肩を片側だけ落とすのは、最も手軽な「肩落とし」。さらした素肌と一緒にランジェリーの肩紐をチラ魅せ。かわいらしい花やリボンがついているタイプではなく、華奢なサテン系のブラ紐を見せるほうがシックなセクシー感を醸し出しやすくなります。

写真のようにフロントがボタンで開け閉めできるタイプなら、ボタンを好みの数だけオープンすと、肩落とししやすいでしょう。肩で肌見せする分、ボトムスはワイドパンツやマニッシュなパンツで合わせて、全体のトーンを引き締めて。ワンポイントで肌見せをしてあとは露出を控えめにするのが上品に仕上げるコツです。



シャツの肩落としでデニムコーデをアップデート

肩落としスタイル

オーバーサイズのシャツで簡単に肩落としルック 
(c)Rie Miyata

肩落としスタイル

肩落とし仕様」になったユニークなシャツ 
(c)Rie Miyata


年中重宝するデニムですが、着こなしパターンがマンネリ化しやすいところが玉に瑕。その助け船になってくれるのが「肩落とし」です。好相性を発揮するシャツとの組み合わせは「鉄板」的なコーディネート。そこに肩落としを加えるだけで、着姿をアップデートできます。

オーバーサイズシャツのボタンを多めに開ければ、簡単に肩落としが完成。シャツ裾は結んでリボン風に演出。

手持ちシャツを自分で肩落としにアレンジしてもいいけれど、最初から「肩落とし仕様」になったユニークなシャツも登場。二の腕にボタンが付けてあって、開き具合を調節できるから、これだけでおしゃれ感がアップします。



アウターの肩落としで、レイヤードを強調

肩落としスタイル

メタリックシルバーのトレンチを肩落としでヌケ感を (c)Rie Miyata

肩落としスタイル

スリップドレスの上に肩落としアウターで大人の肌見せ (c)Rie Miyata


この夏、薄手のサマーアウターが人気になりそう。コートやジャケットでサマーレイヤードを決めるのは、新たな定番コーデとして浸透してきました。羽織り物があるから、内側に着るのはキャミソールやスリップドレスなど、割と薄手で肩紐が細いウエアで構いません。

肩やデコルテを肩落としで露出すれば、アウターのかさばり感をそぎ落とす効果が期待できます。レイヤードの印象をさらに強調できるのも、このコーデのいいところ。キャミ系のおかげでフェミニンなムードも薫らせることができます。


肩落としで、意外感ある着映えと着回し力をアップ

「肩落とし」はまだ意外感が高いので、今が使いどきです。肩を見せたくないときはきちんと着ればいいので、着こなしがスイッチできるところも好都合。手持ちのワードローブから新たな表情を引き出せて、着回し効果も広がります。

上手に取り入れるなら、まずはカットソーやシャツでトライ。ボトムスは露出を抑えてバランスをコントロール。黒や白といった控えめ色を選ぶのも、さりげなさを感じさせるコツです。程よいさじ加減さえ心がければ、着こなしに抜群のニュース感が手に入るから、この夏は「肩落とし」デビューをしてみてはいかが。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。