ストライプ柄を使いこなす

ストライプ(縦縞)の人気が復活しています。世界の主なブランドのランウェイでもストライプルックがあちこちで登場。トレンドに返り咲く気配です。着姿がすっきり見えるうえ、春夏らしいさわやかでクールな雰囲気に、しかも縦落ちイメージのおかげでスレンダー感を引き出してもらえるおまけ付き。この春夏はストライプの取り入れ方を押さえておきましょう。

ストライプシャツ+ジーンズでデニムコーデをひとひねり


ストライプ着こなし

足元はハイヒールで女っぽく整えて (c)Rie Miyata

ストライプ着こなし

ミリタリーアウターをオンして、ラフに味付け 
(c)Rie Miyata


メンズ風味を感じさせるウォーターカラーと白のストライプシャツはジーンズと好相性。プレッピーに通じるきちんと感がある分、ジーンズで合わせても、ルーズに見えません。ただ、カッチリして見えやすいので、胸元を開けたり、袖をまくったりして、少し着崩すのがグッドチョイス。足元はハイヒールで女っぽく整えて。

デニムのガウチョは、すっきりムードのストライプシャツにのどかさを添えてくれます。さらにミリタリーアウターをオンして、ラフに味付け。シャツとジーンズという見慣れた組み合わせをひとひねりする意識で「ずらし」を仕掛けてみて。

ストライプボトムス+スニーカーでヌケ感スポーティーに


ストライプ着こなし

ふんわりスカートもストライプならすっきり見える (c)Rie Miyata

ストライプ着こなし

ジレで合わせて、さらに細長シルエットを強調 
(c)Rie Miyata


ストライプをボトムスに迎えるなら、靴はスニーカーが第一候補。その理由は縦縞のシャープさとスニーカーの軽快感が絶妙にマッチするから。膝丈のふんわりスカートもストライプならかさばって見えすぎません。両サイド部分は「逆V字」モチーフを配して腰周りを引き締めています。トップスは黒でコンパクトに見せつつ、白スニーカーでストリート気分を添えました。

この春夏は複数の色を写し込んだマルチカラーのストライプも活気づいています。ワイドパンツはストライプの落ち感を印象づけるのにぴったり。黒のロングジレで合わせて、さらに細長シルエットを強調。スタイリッシュなコーデですが、あえてスニーカーでヌケ感を寄り添わせています。

ボーダー×ストライプが最旬のおしゃれ方程式に


ストライプ着こなし

あえて色を統一しないほうが視線を散らしてくれる (c)Rie Miyata

ストライプ着こなし

ダイナミックな縦横ハーモニーでアンバランスの美を演出 (c)Rie Miyata


縦と横の直線モチーフが交じり合う「ボーダー×ストライプ」はもうおしゃれ上級者だけのものではありません。今季は色も複雑に響き合わせる「縦横ミックス」が出現。ネイビー×赤の太ボーダーのトップスに、グリーン×黒の細ストライプで彩ったスカートというマッチングはこの上ないほどのポジティブ感。あえて色を統一しないほうが視線を散らしてくれます。グラフィカルなボーダーとストライプはボディーラインをごまかしてくれる効果も期待できます。

マルチカラーのボーダーはチェック柄にも見える凝ったモチーフ。白黒ストライプのワイドパンツで合わせ、ダイナミックな縦横ハーモニーに整えました。「鮮やか色・コンパクト」の上半身に対して、「白黒・ワイド」と正反対のパンツがアンバランスの美を描き出して、こなれた大人コーデに仕上がっています。

ストライプを着慣れていない人はまずシンプルなシャツからスタートしてみましょう。ウエストアウトして着ると、縦落ちイメージを生かせます。少し慣れたら次はボトムスにチャレンジ。ワイドパンツはレッグラインを伸びやかに見せてくれます。もっとステップアップを狙うなら、手持ちのボーダー柄トップスとも合わせてみて。ストライプは持ち味の涼やかさや清潔感があるので、春夏に好印象を呼び込んでくれるはずです。

【関連記事】
Gジャンはこんなに使える!「こなれコーデ」に一直線
「コンバース」のスニーカーをよりおしゃれに楽しむ技
大胆な「アシンメトリー」が着こなしの新切り札に!
2017年春夏ファッション注目トレンドを速習
ルーズに見えない大人夏服!頼れる「ストライプ柄」

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。