「合理性」を考えると、高齢者には優しくない?

「60歳を過ぎた同世代の知人や友人には『いま入っている医療保険などで得しようと考えてはいけない。すでに入退院を繰り返すような体調でないなら、解約してもいい』と助言しています。新規加入もすすめません。健康保険に入っていればそれでいい、と考えています」

これは、複数の保険会社で商品設計に関わってきた60代半ばの方の発言です。医療保険などが役に立つのは60代の後半以降、まさにこれからじゃないのか? と疑問に思う向きも多いかもしれません。しかし私は、これは適切な助言だと思います。

保険の利用が合理的なのは、現役世代が急死してしまうといった「稀に起こる事態」を対象にする場合だからです。仮に「危篤状態の人でも加入できる死亡保険」があるならば、その掛け金は「死亡保険金+代理店手数料なども含む保険会社の運営費」となり、保険金の額を上回るはずです。つまり、死亡や入院などに備える保険では、加入年齢が上がるにつれ、商品を利用する際の「経済合理性」が下がるのです。
加齢とともに、手ごろな保険料で手厚い保障を持つのは難しくなるundefined※イメージ

加齢とともに、手ごろな保険料で手厚い保障を持つのは難しくなる ※イメージ


この原則を実感させられる例の一つに、都道府県民共済の「入院保障2型」があります。表をご覧ください。

毎月の掛け金2,000円で得られる保障は「18~60歳」から「60~65歳」の年齢区分になると、減少します。
 

入院保障2型 月掛金2,000円

入院保障2型undefined月掛金2,000円

 

やはり掛け金が2,000円の「熟年入院2型」では、保障額はさらに下がります。
 

熟年入院2型 月掛金2,000円

熟年入院2型undefined月掛金2,000円

 

「これでは老後の保障が心配だ」と考えるのは性急かもしれません。