タクシー移動の最大の理由は時間の節約と、一人の空間の確保

現役でビジネスをしている都市部のお金持ちの多くは、移動は電車やバスではなくタクシーを利用することがほとんどです。自分で車を運転するお金持ちもいますが、都市部は駐車場を探すのが困難なこともあるし会食でお酒を飲むこともできないので、やはりタクシーがメインです。

 
お金持ちは電車移動は避ける

お金持ちは電車移動は避ける


最大の理由は時間の節約と、一人の空間の確保です。たとえば電車に乗って移動しようとすると、自分の会社から駅まで歩いて改札を入ってホームに行く。そこで電車が来るのを待ち、次の駅で降りなきゃと意識し、駅で降りたら階段を上り下りして改札に行き、改札を出てから目的地まで歩くことになります。

しかし会社を出てすぐタクシーを拾い、あるいは配車アプリで会社の前まで呼んで行き先を告げれば、あとは何も気にすることなく自分の時間になります。

電話やメールをしてもいいし、目をつむって考え事をしてもいい。周囲に他人がいないし降りる駅を気にしたりすることもない。目的地に着いたら運転手が教えてくれるので、乗り過ごすこともありません。つまり、自分のことに集中できるからです。
 

他人との接触を避けたい理由

もうひとつの理由は、どうでもいい他人との接触を避けるためです。
道を歩けば人とすれ違うときによけたり、前に歩く人が遅いとか歩道を広がっているとかでつっかえたりします。

電車に乗り降りするときには乗客とぶつかったりすることもありますし、車内でもすし詰めに遭ったり足を踏まれたりリュックが当たったりすることもあります。他人同士の会話など、どうでもいい雑音も聞こえてくる。さらには痴漢と間違えられることも。

お金持ちにはそういうのが煩わしいと感じる人も少なくなく、プライベートな空間での移動を好むのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。