ウルスのため本社に新工場“リネア・ウルス”を建設

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ初のSUV、ウルス。「ラグジュアリーSUVであると同時に、スーパー・スポーツのダイナミズムも備える」“世界初のスーパーSUV”と謳われる。日本での価格は2574万円

コンセプトカーの衝撃的なデビューから、約5年。ランボルギーニからついに、SUVのウルスがワールドプレミアを果たした。否、ランボルギーニ曰く、ウルスはSUVではない。スーパーカー級のSUV、ということで彼らは特に“スーパーSUV”(SSUV)と呼んでいる。

期待の新星である。ランボルギーニのウルスにかけた意気込みのほどは、そのワールドプレミアの“方法”に、既に現れていた。ランボルギーニの場合、新型車のデビューはジュネーブショーで、というのがこれまでの常識だった。ところがウルスは、モーターショーとは一切関係なく、本社で盛大に披露することを、もう随分と前から我々プレスにも伝えていた。
ランボルギーニ ウルス

会場となった新工場のライン横に、ウルスが飾られた

どうして、本社で行ったのか。それは、ウルス本格生産のための、新ファシリティの披露も兼ねたかったからだ。ウルスの生産にあたって、ランボルギーニは本社工場の規模を、何から何まで倍にした。面積、工場、人員、そして生産台数、全てを、だ。ランボルギーニ史にとって、最大の画期となることは間違いない。それゆえ、全世界からVIP顧客やディーラー関係者、投資家、プレスなどを招いた新工場での披露パーティ、という一大イベントを企画したというわけだ。

盛大な披露パーティ。ディナーは生産ラインで

ランボルギーニ ウルス

発表会は従来の本社工場のちょうど真裏に建設された新工場“リネア・ウルス”で行われた

実際、そのお披露目は、盛大なものだった。“リネア・ウルス”と名付けられた新アッセンブリーラインは、従来の本社工場のちょうど真裏に建設された。広々とした工場は、インダストリー4.0の最新方式で、最大日産20台のウルスを生産することができる。同時に、その完成クオリティを引き上げ、効率よく生産システムを運用するため、従来のモデルを含んだ広大な検査ラインまで新設した。現在は、ウラカンと同様にグループ会社から塗装済ボディやパワートレインの供給を受けてはいるが、近い将来にはペイント工場も完成するらしい。
ランボルギーニカウンタック

歴史的名車が、入口だったタイムトンネルを模した舞台を駆け抜ける

ランボルギーニ LM002

こちらは80年代後半に市販されたランボルギーニのSUV、LM002

披露パーティは、夜、その新工場内にて行なわれた。タイムトンネルを模した入口から中へ。すでに着飾った紳士淑女で賑わっている。旧知の幹部やコレクターを見つけてはハグで挨拶。近況を報告し合う。

カクテルタイムが終わると、いよいよウルスの披露パーティが始まった。ミウラ、カウンタックといった歴史的名車がタイムトンネルを駆けぬける。そのあとを追いかけて、80年代後半に市販されたランボルギーニのSUV、LM002が姿をみせた。そう、ランボルギーニには時代に先駆けてSUVを市販したという歴史があったのだ。
ランボルギーニ ウルス

スピーチを行うランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏

ランボルギーニ社の幹部による熱烈なプレゼンテーションののち、静かに、そして厳かに、二台の、イエローとグレーのウルスが現れた。爆音はない。それが新しい時代の幕開けであるかのように、ウルスはあくまでも冷静に登場した。しかし、そのクルマについて語られるスペックや仕様は、熱い。とても、熱い。曰く、650馬力の4L V8ツインターボにより、0-100km/h加速は3.6秒。なるほど、スーパーだ。
ランボルギーニ ウルス

ラインとラインの間にテーブルを設置した盛大な“ディナー会場”

正式な披露が終わると、ガラディナーだ。テーブルは、なんと、新工場のラインとラインとの間に設営されている。今、正に組み立てられようとしているウルスたちの脇で、われわれは美味しいイタリア料理に舌鼓を打った。
ランボルギーニ ウルス

広く、清潔で整然とした新工場のアッセンブリーライン。最大日産20台のウルスを生産することができる

翌日、改めて訪れた新工場に、ボクは素直に感動した。昨夜は暗くてよく分からなかったけれども、とてもゆったりとしていて、働きやすそうだ。同じような光景を、ボクはアウディスポーツの新工場でも見ている。人に優しい工場。以前、CEOに就任したばかりのステファノ・ドメニカリはこう言っていた。「会社の規模が倍になっても、大切なことは、みんなが家族のような気分で、ランボルギーニを造るという誇りを抱きつつ、働ける環境を造ることだ」と。なるほど、この工場なら、喜んでランボルギーニを造ってみたいと思った。

魅惑のインテリア。後席は居住性も確保

ランボルギーニ ウルス

ボディサイズは全長5112mm×全幅2016mm×全高1638mm、ホイールベース3003mm。乾燥重量は2200kgとなる。全体の2/3がボディ、残り1/3がウインドウという、ランボルギーニのスーパースポーツの比率を採用する

ランボルギーニ ウルス

650ps/850Nmを発生する、4LのV8ツインターボをフロントの低い位置に搭載。8ATが組み合わされている。状況に応じて車高を変更してくれるアダプティブ・エア・サスペンション・システムも備わった

ランボルギーニ ウルス

トルクベクタリングやリアホイールステアリングを備えた4WDを標準化。0-100km/h加速3.6秒、最高速度305km/hとされた

肝心のウルスはどうだったか。コンセプトカーよりはルーフラインが高くなり、後席の居住性をしっかり担保している。せっかくのSUVである。実用的でなければ造る意味がない。個人的には、エクステリアよりもインテリアの方が強く印象に残った。特にセンターコンソールまわりのデザインが面白い。まるで飛行機のコクピットのようだ。早く操作してみたいと思わせる。それは魅惑的なインテリアだ。
ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニらしいデザインの室内空間。走行モードを選択できるドライビング・ダイナミクス・コントロールはSTRADA/SPORT/CORSAに加え、NEVE(雪上)を採用。TERRA(オフロード)とSABBIA(砂漠)という2つがオプションで用意される

ランボルギーニ ウルス

後席は3座仕様を標準装備、オプションで独立2座も用意されている。ラゲージ容量は616~1596L

ウルスには二つの顔がある。ノーマルと、オフロードパッケージだ。アプローチアングルを考えたオフロードパッケージのほうが、顔つきがシャープで、ダイナミックに思えた。自分で買うなら、オフロードパッケージにスポーツシート、後席2座の仕様にするだろう。

ランボルギーニのSUV。それは単に時流に乗っただけの企画ではない。ファミリーでも使える待望のランボルギーニ。ウルスがランボルギーニブランドへのとば口になる日がやってきた。

【関連記事】
量産車最速!ランボルギー二・ウラカン最新モデル試乗
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。