大事なものは「事故の保障」?「病気の保障」?

「保険会社より良心的な運営をしていると見ています。埼玉県民共済などは理想に近いです。ただし、商品が最高だとは思っていません」

一般消費者の方や各種メディアの方たちから「都道府県民共済についてどう思いますか?」と尋ねられたとき、私はいつもこのように回答しています。

以前の記事でもお伝えしているように、共済については、掛け金が各種給付金や割戻金として加入者に還元される割合(還元率)が多くの保険商品より高いと見られること、商品改訂の歴史が事実上の値下げの歴史であることなどは評価する一方、保障内容にはいくつか疑問があるからです。

県民共済の商品に限らず、保険や共済の「本来の役割」について、皆さんに考えていただける機会にもなるかと思いますので、以下、具体的に指摘してみたいと思います。

都民共済のサイトで人気ナンバーワンと紹介されている生命共済「総合保障型(月掛け金)2,000円コース」を例にしてみましょう。

保障内容は表の通りです。
 
undefined

 

特徴は、事故と病気により保障が異なっていて、事故のほうが手厚いことです。たとえば入院では、事故のほうが保障期間が60日長く、給付日額も500円多くなっています。

生命保険文化センターのサイトの「一目でわかる生活設計情報」というページで、厚生労働省の「平成26年 患者調査」から作成された表 を確認すると、入院日数が長いのは事故関連ではないようです。
1~3位は「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」546.1日、「血管性及び詳細不明の認知症」376.5日、「アルツハイマー病」266.3日で、事故と関連していると思われる骨折は37.9日なのです。ちなみに、退院患者の平均在院日数は31.9日です。

通院で病気が保障されていないのは、2,000円の掛け金では難しいということなのかもしれません。それにしても、通院保障の金額は日額1,500円です。限度日数である90日に該当しても、13万5,000円です。

「そもそも保険や共済は、14万円未満のお金を補てんするために存在すべきなのだろうか」と考えてしまうのです。

加入直後に事故に遭い、2,000円支払っただけで13万5,000円を受け取ることになる人もいるかもしれません。通院前に骨折で38日入院すると給付金額は19万円加算され、32万5,000円になりますから「共済に加入していて良かった」と実感することになるかもしれません。

しかし、そういう問題ではないのです。