しまなみ海道に今治タオル、一押しの観光スポットを厳選


Imabari_P1

しまなみ海道やサイクリング、そして今治タオルなどで知られる愛媛・今治エリア。瀬戸内の多島美も人気です。写真は「糸山公園」からの景色

しまなみ海道がある愛媛・今治エリアは、瀬戸内海の絶景はもちろん、定番の観光スポット、新たな芸術スポット、おしゃれなカフェ、こだわりの温泉、人気の今治タオルなど、数多くの魅力があります。

また、近年は“サイクリングの聖地”としても知られ、国内外から多くのサイクリストが訪れます。四国でも特に人気の、愛媛・今治エリアのおすすめ観光スポットをテーマ別にご紹介します。

定番観光スポット:「今治城」は全国で珍しい海岸平城


Imabari_P2

今治の市街地にある今治城。海水を引き入れた海岸平城は全国的に珍しいので要チェックです


今治といえばまず、市内中心部にある「今治城」が定番観光スポットです。

今治城は、江戸時代初期に“築城の名手”として活躍した藤堂高虎が手掛けた城です。海水を引き入れた海岸平城は全国的に珍しく、海の魚がお堀を回遊する様子が見られます。夜の美しいライトアップも必見。天守には、貴重な武具・甲冑、城絵図などが展示されています。展望台から、今治の市街地、西日本最高峰の石鎚山系、そして来島海峡大橋も一望できます。

【営業時間】 9:00~17:00(年中無休)
【料金】 大人500円、学生250円、18歳未満無料
【TEL】 0898-31-9233
【URL】 http://museum.city.imabari.ehime.jp/imabarijo/


アート:世界的な建築家・伊東豊雄氏のミュージアム


Imabari_P3

2棟の作品から構成される「今治市伊東豊雄建設ミュージアム」。手前がシルバーハット / 画像提供:今治市伊東豊雄建設ミュージアム


大三島にある「今治市伊東豊雄建設ミュージアム」は、国内そして海外で“建築界のノーベル賞”といわれるプリツカー賞をはじめ、数々の賞をこれまで受賞してきた建築家・伊東豊雄氏の建築ミュージアムです。

施設そのものが作品となっていて、伊東豊雄氏の作品を展示する「スティールハット」と、旧邸宅を移築・再現した「シルバーハット」の2棟から構成されています。特に、エントランスホールや展示などがあるスティールハットは4種類の多面体がまるで結晶のように連結されているのが特徴です。

Imabari_P4

ユニークな形をしたスティールハット。瀬戸内海に沈む夕陽も絶景です / 画像提供:今治市伊東豊雄建設ミュージアム


展示物は、伊東豊雄氏が設計した図面、建築物のほか、建築物の模型などがあります。ミュージアムから瀬戸内海の絶景も楽しめます。

【営業時間】 9:00~17:00(月曜休館、祝日の場合は原則翌日、年末)
【料金】 一般800円、学生400円
【TEL】 0897-74-7220
【URL】 http://www.tima-imabari.jp/


カフェ:古民家をリノベーションした絶景の癒やし系カフェ


Imabari_P5

美味しいコーヒーに絶景のロケーションが堪能できる、大三島の「オミシマコーヒー焙煎所」


しまなみ海道に、瀬戸内海を望む素敵な古民家カフェがあります。

「オミシマコーヒー焙煎所」は、大三島にある築70年の古民家をリノベーションしたカフェ。2015年4月にオープンしました。かんきつ畑の樹木に囲まれ、瀬戸内の多島美を眺めることができるだけでなく、自家焙煎のこだわりの豆から丁寧に挽いたコーヒー、素材にこだわった手作りのスイーツが楽しめます。コーヒー豆も販売。

Imabari_P6

コーヒーはスペシャリティコーヒーのみ。スイーツは季節ごとの素材を使って「大三島スイーツプレート」として提供


中南米などから厳選した豆のみを使うコーヒーは、オーダーを受けてから1杯ずつハンドドリップして提供するので、味はとても新鮮。他のドリンクでは、大三島の柑橘100%ストレートジュースもあります。また、有機農家の卵を使った焼きプリン、有機レモンのチーズケーキなどのスイーツも絶品です。店内は畳の部屋やテラスもあって、のんびりした時間を過ごすことができ、身も心もきっと癒やされるでしょう。

【営業時間】 11:00~17:00(定休日…火曜日、水曜日、金曜日)
【TEL】 0897-87-3655
【URL】 http://omishimacoffee.com/


自然:サイクリング、糸山公園からの眺めもおすすめ


Imabari_P7

しまなみ海道といえばサイクリング。今治市の「サンライズ糸山」ではレンタサイクル400台を完備し、手軽に自転車を借りて楽しめます


しまなみ海道の眺めを楽しむなら、今治側では「糸山公園」がおすすめです。

愛媛・今治市と広島・尾道市を結ぶしまなみ海道で、糸山公園は今治側の起点です。ここから、来島海峡と来島海峡大橋のダイナミックな光景が楽しめます。

来島海峡は鳴門海峡、関門海峡と並ぶ日本三大急潮の1つに数えられ、船の交通量が昔の今もとても多いのに加え、季節や時間によってさまざまな光景に変化するのも見ものです。近年はかつてこの辺りが「村上水軍」の拠点だったことでも注目されています。

Imabari_P8

今治側の起点にあるサイクリング施設「サンライズ糸山」。宿泊施設なども併設しています


糸山公園には、しまなみ海道のサイクリング拠点「サンライズ糸山」があり、レンタサイクルができます。宿泊施設、レストランやお土産店も完備。また、近くの「来島海峡展望館」からは来島海峡大橋、栗島海峡が一望できるほか、架橋の技術を紹介する展示室などもあります。

【営業時間】 4~9月:8:00~20:00/10~3月:8:00~17:00(年中無休)
【料金 ※レンタサイクル】 大人1日500円、小人1日300円、電動アシスト自転車(4時間まで)800円、保証料1,000円
【TEL】 0898-41-3196(サンライズ糸山)
【URL】 http://www.sunrise-itoyama.jp/


温泉:しまなみ海道唯一の天然温泉や100%海水風呂も人気


Imabari_P9

大三島にある「多々羅温泉 しまなみの湯」。しまなみ海道エリアで唯一の天然温泉です


しまなみ海道エリアには、日帰りで気軽に利用できる温泉があります。その1つ、「多々羅温泉 しまなみの湯」は大三島にあり、地下1,000メートルから湧き出る泉質(ラドン塩化物冷鉱泉)の源泉のみを使い、地元の利用者も多い天然温泉です。浴室の床と壁の一部に大島石、柱などにヒノキを使用。瀬戸内海の美しい景色が、館内から一望できます。

【営業時間】 10:00~20:00(受付19:30まで、火曜日休館、火曜日が祝日の場合は営業)
【料金】 中学生以上310円、3歳以上小学生以下160円、65歳以上250円
【TEL】 0897-87-4100
【URL】 http://www.imabari-shimanami.jp/tataraonsen/


Imabari_P10

100%海水を温めた風呂が体験できる「マーレ・グラッシア大三島」。リラクゼーションや美肌の効果があるといわれます


同じ大三島にある「マーレ・グラッシア大三島」も人気です。海水風呂やマッサージバス、歩行浴やサウナ、露天風呂からは美しい夕陽と瀬戸内海の島々を眺めることができます。タラソテラピー(海洋療法)の施設としても知られ、レストランや売店、マッサージルームもあるので、温泉だけでなく食事もショッピングも楽しめます。

【営業時間】 10:00~20:30(水曜日休館、2月の第1火~木曜日。水曜日がお盆、年末年始、GWの場合は営業)
【料金】 中学生以上310円、3歳以上小学生以下160円、65歳以上250円
【TEL】 0897-82-0100

その他、今治市街地にも温泉がいくつかあります。松山市に続く国道317号から近い“伊予の三湯”で美人湯としても名高い鈍川温泉郷もおすすめです。


お土産:「今治タオル」の本店は約2万点以上もの品揃え


Imabari_P11

国内最大規模のタオルの売り場面積を誇る「今治タオル 本店」。クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがプロデュース


今治を代表する産業がタオルです。「今治タオル」には安心、安全、高い品質のブランドマークがついています。このマークがついていれば、今治タオル工業組合による独自の品質基準をクリアし、高品質のタオルと保証された商品です。

テクスポート今治にある公式の「今治タオル 本店」は2017年4月、クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがプロデュースしてリニューアルオープン。現在、今治タオルブランド商品のみを取り扱い、国内最大規模の約400種・2万点以上のタオルが販売されています。

Imabari_P12

今治タオル本店の壁際にある真っ白なタオルは、今治タオルを製造する各メーカーごとに並べられ、販売されています


また、今治タオルの高品質さ、産地ならではの体験ができる「今治タオルLAB」も併設。実際の手織り機を使ってタオル織り体験をしたり、ビーカーの水にタオル片を浮かべて沈み始める時間で吸水性の高さを知る今治タオルの「5秒ルール」体験、タオルについての知識を持つ「タオルソムリエ」の資格試験を疑似体験したりと、今治タオルの良さをさらに知ることができる施設です。

【営業時間】 9:00~18:00(年末年始のみ休館)
【料金】 無料
【TEL】 0898-34-3486
【URL】 http://www.imabari-texport.com/

取材協力:愛媛県観光物産課ほか関係施設

【関連リンク】
愛媛県の公式観光サイト「いよ観ネット」
SHIMAP しまなみ海道観光マップ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。