平均貯蓄額は20歳代が155万円、60歳代が1339万円

家計に厳しい時代が続いており、収入は増えず貯金を切り崩して何とか生活している人も多いと思います。しかし厳しい時代でも貯めている人は貯めています。

厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査で貯蓄額の平均値を確認してみました。下記は世代別にみた1世帯あたりの平均貯蓄額です。
  • 世帯主の年齢が29歳未満……154.8万円
  • 30~39歳……404.1万円
  • 40~49歳……652.7万円
  • 50~59歳……1051.2万円
  • 60~69歳……1339.4万円
  • 70~79歳……1277.6万円
  • 80歳以上……1240.8万円
平均貯蓄額、50歳代、

50歳代になると貯蓄額は1千万円を超える


20歳代(29歳以下)世帯の貯蓄額は平均154.8万円です。働いた年数は比較的短く、消費意欲は旺盛な世代なので、あまり貯まっていなくても問題ないです。というより貯まっていない方が普通と言えます。世代が上がるにつれて貯蓄額は増えていき、50歳代になると平均で1千万円を超えてきます。地道に貯めていればこのくらい積み上がっていくでしょうし、教育や老後に備えて準備している世帯は多いはずです。60歳代で貯蓄額はピークを迎え、その後は徐々に減っていきます。仕事を引退して支出の方が多くなっているからだと考えられます。

世帯ごとの貯蓄額の差は想像以上に大きい

次に各世代ごとの貯蓄額の分布を確認してみます。下記表は世帯主が29歳未満の世帯から80歳以上の世帯まで、貯蓄額ごとの割合を表したものです。それぞれの世代で100%のうち貯蓄額ごとに何%の世帯がそこに属しているかをパーセント表示してあり、特に割合の高い貯蓄額のところを赤字にしてあります。
1世帯当たり平均貯蓄額、年齢別、貯蓄額別

1世帯あたりの平均貯蓄額(年齢・貯蓄額別)


20歳代は貯蓄額「50万円未満」の世帯が23.3%で最も多く、次が「貯蓄なし」と「100~200万円」の15.3%となっています。100万円まで(貯蓄なし・50万円未満・50~100万円の計)に半数の世帯が属しており、20歳代ではまだまだ貯め始めの時期で、多くは貯まっていないと言えます。

30歳代になると500万円以上貯めている世帯が増えてきて、3000万円以上貯めている世帯もあります。40歳代より上は貯蓄額「500~1000万円」の世帯が多くなり、60歳代より上は貯蓄額「3000万円以上」の世帯が1割(10世帯に1世帯)以上も存在しています。

一方で、貯蓄ができていない世帯も一定割合存在しています。一番左の「貯蓄なし」の欄を見てみると、どの世代でも15%前後になっています。20歳代では貯蓄がなくても、これから頑張って貯めていけば良いですが、60歳代や70歳代で貯蓄がない世帯は、どのようにして生活しているのでしょうか?勤労収入は期待できず医療費等の支出が増えていく世代で、いざという時に貯金は大事なはずです。公的年金等の収入が十分にあれば良いですが、そうでなければかなり心配な状況です。

自分の貯金額は平均よりも貯まっている方ですか?貯まっていない方ですか?平均値と比べてみると、自分の現在の立ち位置が良く分かります。もし平均より少なくて危機感を持った人は、お金の習慣を少し改め、今日から頑張って貯めていきましょう!

【関連記事をチェック!】
40代崖っぷち貯金ゼロの人がお金を貯めるには?
50代貯金ゼロ!超崖っぷちの人のお金の貯め方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。