加入者同士の「助け合い」の仕組みで成り立つ共済

加入者同士の「助け合い」の仕組みで成り立つ共済

加入者同士の「助け合い」の仕組みで成り立つ共済

お客様からいただく質問のなかで「定番」と呼べそうなものの1つが「共済って何ですか? 生命保険と何か違うんですか?」というものです。私はいつも「同じと思ってもらって大丈夫です。保障内容や料金を比べて、ご自身に必要なものなのかどうか、考えてみましょう」と回答しています。

一口に「共済」といっても、JA共済、全労済(こくみん共済)、コープ共済、都道府県民共済のように認知度が高い共済もあれば、お客様の勤務先の企業や業界団体が独自に運営しているような共済までさまざまです。しかし、運営機関や準拠法などが違っていても、一般の人たちが死亡や入院等に備える手段の1つであることは、生命保険と何も変わりません。

実際、保険も共済も大まかなお金の流れは同じ。加入者から集めたお金を運営機関が管理し、不測の事態に遭遇した人やその家族などに各種の給付金を支払うことで、加入者同士の「助け合い」の仕組みが成り立っているわけです。

この仕組みは掛け値なしに素晴らしいものだと思います。

加入している保険の契約内容、明確に答えられますか?

ただし、気をつけたい点もあります。保険や共済を検討する際は死亡・大病・災害など歓迎したくない事態を想像し、人・物・お金などの「損失」を考えることになるためか、商品や付帯サービスに関する評価が甘くなる人が多いように感じています。

契約内容などがわかりづらいことも、その1つの要因かもしれません。たとえば、死亡・医療・介護など目的別の保障と、各種特約が付加された契約を明確に自分の言葉で説明できる人がどれくらいいるでしょうか?

私は大手生命保険会社と複数の保険会社の商品を扱う代理店で約15年、営業の仕事をしていましたが、「保険に入っているけれど内容はよくわかっていない」というお客様が大半を占めていました。

「もし、何かあったら」が遠ざける冷静な思考

大人の常識で考えると「わからないものは買わない」ということになりますよね。ところが、契約内容をろくに把握しないまま、毎月数千円から数万円の保険料を支払い続ける人がなんと多いことか……。

「もし、何かあったら」と想像してしまうからでしょう。諸々の不安が「保険料にふさわしい価値があるのか?」といった素朴な問いかけや冷静な思考を遠ざけている気がするのです。

次のページでは「難解で高額な保険商品の背景にあるもの」を考えます。