「ラ・ヴィエイユ・フランス」のフランス本場流アイスケーキ

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「キャラメルアブリコ」(直径12cmundefined税込3,300円undefined※送料別)

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「キャラメルアブリコ」(直径12cm 税込3,300円 ※送料別)

フランスのアルザス地方やパリの名店で計11年間働いていらした木村成克シェフによるフランス菓子専門店「ラ・ヴィエイユ・フランス」。生菓子や焼き菓子、キッシュなど塩味のトゥレトゥール(惣菜)、マカロンやコンフィチュール、ショコラなど、品揃えが実に豊富。店内の喫茶席やテラス席でアイスクリームがいただけるのも、フランスのような雰囲気です。

2007年にオープンした千歳烏山本店の他、2012年オープンの「ラ・ヴィエイユ・フランス 仙川店」があり、こちらの店舗は、よりアイスクリーム類に特化したラインナップとなっています。木村シェフが本場フランスで学ばれたアイスケーキ「アントルメグラス」は、「ラ・ヴィエイユ・フランス 仙川店」の店頭で何種類かの販売がある他、FAX注文で配送も可能です。

その中でも、私が一番好きなのは、キャラメルのアイスクリームと杏のシャーベットを組み合わせた「キャラメル・アブリコ」。甘さとほろ苦さ、酸味のメリハリが効いた、フランス菓子らしい味わいです。上には、少し焼き目の付いた大ぶりカットの杏の実がゴロッと贅沢にのせられ、シンプルな大胆さが木村シェフらしいデコレーション。温かい紅茶と共に召し上がっていただきたい一台です。

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「ドミノ」(直径12cmundefined税込3,300円undefined※送料別)

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「ドミノ」(直径12cm 税込3,300円 ※送料別)

「ドミノ」は、ドーム形の周囲に、ラズベリージャムを巻いたロールケーキの断面が並んだ個性的な見た目が特徴です。カットすると、全体はマンゴーのシャーベットで、その中にフランボワーズシャーベット入り。黄色とピンク色の色彩が鮮やかな対比をなしています。フランボワーズシャーベットには、凍ったフランボワーズ果実も散りばめられていて、食感と酸味がアクセントになっています。

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「ショコラ・ピスターシュ」(直径12cmundefined税込3,300円undefined※送料別)

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「ショコラ・ピスターシュ」(直径12cm 税込3,300円 ※送料別)

他にも、チョコレートとピスタチオの「ショコラ・ピスターシュ」、ラム酒の効いた大人向けの「ラム・レーズン」など様々なバリエーションが揃い、いずれも、味わいがしっかりと濃厚なので、夏はもちろん、秋冬にいただいても、しっかりと満足感のある食べ応え。

詳しいラインナップはお店のホームページに紹介されています。店頭受け取り希望の方は、欲しい種類のアントルメグラスをその日に合わせて取り置きいただけるか、事前にお問い合わせください。

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「パレ ア グラス」(1個税込400円undefined※送料別)

「ラ・ヴィエイユ・フランス」の「パレ ア グラス」(1個税込400円 ※送料別)

また、配送ギフトとしても人気が高いのは、口どけなめらかなアイスクリームとシャーベットを、さくさくのサブレで挟んだ「パレ ア グラス」。アイスクリームではバニラやショコラ、ピスタチオなど。シャーベットではフランボワーズやマンゴー以外に、スパイスの効いたフランスの伝統菓子「パンデピス」の味をアイスに採り入れた「パンデピスショコラ」や、季節の味も登場します。1個ずつ開封できるので、気軽なおやつとして食べたいですね。

「ラ・ヴィエイユ・フランス」仙川店を紹介した過去の特集記事はこちら。
今絶対に食べたいジェラート&アイス

<ショップデータ>
「ラ・ヴィエイユ・フランス」仙川店
東京都調布市若葉町2-1-2
電話 03-6279-5509
営業時間 11時-20時
定休日 火曜(祝日は営業、翌日休業)
ホームページ
http://www.lavieillefrance.jp/

続いて、1人分サイズで楽しめる、イートイン限定のアントルメグラッセをご紹介します