「グランドニッコー東京 台場」ホテル最上階に大人のグリルレストランがオープン!

グランドニッコー東京 台場「The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース)」

グランドニッコー東京 台場「The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース)」

2017年8月5日、グランドニッコー東京 台場30階に「The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース)」がオープンしました。2017年6月1日、1階にオープンした「ガーデン ダイニング(GARDEN DINING)」に続いて最上階のレストランも新しく生まれ変わっています。

「The Grill on 30th」では、エグゼクティブフロアに宿泊しているゲスト用の朝食(他フロアのゲストは追加料金で利用可能)、ハーフブッフェを提供しているランチ、コースとアラカルトのディナーに加えて、夕方から深夜にかけて寛げるラウンジと、ほぼ終日にかけて営業しており、様々な使い方ができます。

「Another Dimension, Another Tokyo」という、グランドニッコー東京 台場を象徴するレストラン・バーフロアとなる予定です。

高層階でグリル料理を楽しめる「The Grill on 30th」について詳しく紹介しましょう。

広々とした店内

The Grill on 30th 内観

The Grill on 30th 内観

The Grill on 30th 夜景

The Grill on 30th 夜景

店内には204席もあり、非常に広いです。窓がたくさんあり、レインボーブリッジ、東京タワー、スカイツリーを望めます。テーブル間隔には余裕があるので、隣をあまり気にせずに話を楽しめるでしょう。テーブルも大きいので、大人数でいくつもオーダーしても食べにくいということはありません。

ガラス張りのワインセラー

The Grill on 30th ワインセラー

The Grill on 30th ワインセラー

ワインセラーが店内に設けられていて、中に入って好きなワインを選ぶことができます。ガラス張りになっているので、外から見ても心が踊ります。

このワインセラーだけで100種250本程度があり、日本のワインも少なくありません。1937年創業の甲州にある勝沼醸造株式会社のマスカット ベーリーAを使った赤ワイン「アルガーノ モンテ 2015」なども用意されています。

次は、特にお勧めのワインやアラカルトのメニューを紹介しましょう。

※掲載している料金の他に税金・サービス料がかかります

ルイ ロデレール ブリュット プルミエ 2300円

The Grill on 30th ルイ ロデレール ブリュット プルミエ

The Grill on 30th ルイ ロデレール ブリュット プルミエ

「The Grill on 30th」のハウスシャンパーニュです。ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%で、バランスよい味わい。万人受けするシャンパーニュなので、是非とも注文しましょう。

キャビアブリオッシュ

The Grill on 30th キャビアブリオッシュ

The Grill on 30th キャビアブリオッシュ

コースメニューの最初に提供されるアミューズです。アラカルトでも用意されており、このサイズよりもっと大きくなっています。

焼き立てで香りのよいブリオッシュにリコッタチーズとたっぷりのキャビアが載せられています。シャンパーニュに合うこと間違いありません。

自家製パン

The Grill on 30th 自家製パン

The Grill on 30th 自家製パン

ホテルメイドのパンで、オリーブパンとバゲット。今回から使い始めたコブラムエステートのエクストラ・バージン・オイル「オキブランカ」が添えられています。力強くて複雑で香りが豊かなオリーブオイルなので、パンが華やぎます。

タスマニアサーモンのミキュイ/ニース風サラダ 2400円

The Grill on 30th タスマニアサーモンのミキュイ/ニース風サラダ

The Grill on 30th タスマニアサーモンのミキュイ/ニース風サラダ

陶器プレートに載せられた美しいプレゼンテーションで、タスマニアサーモンのミキュイが提供されています。整然と並べられているので、崩すのがもったいないくらいです。ポテト、インゲン、トマト、玉子を混ぜ合わせるとニース風サラダになるので楽しいです。

豚足のクロケット/生ハム/緑黄色リーフ/胡桃ドレッシング 2300円

The Grill on 30th 豚足のクロケット/生ハム/緑黄色リーフ/胡桃ドレッシング

The Grill on 30th 豚足のクロケット/生ハム/緑黄色リーフ/胡桃ドレッシング

豚足を包み込んだコロッケは、塩味が控えめになっています。塩味のある生ハムと一緒に食べるとちょうどよい味となります。胡桃ドレッシングは口中に胡桃の香りがよく広がります。

東京野菜

The Grill on 30th 東京野菜

The Grill on 30th 東京野菜

コース料理で提供される、東京野菜です。半白キュウリ、黄色ニンジン、寺島ナス、パプリカ、紅芯大根と季節や日によって様々な東京野菜が食べられます。

帆立貝/雲丹のリゾット 3800円

The Grill on 30th 帆立貝/雲丹のリゾット

The Grill on 30th 帆立貝/雲丹のリゾット

魚介料理で人気のあるメニューがこちらです。ガーリックとパセリのバターが載せられた帆立貝、ウニをふんだんに使用したリゾット、グリビッシュソースを底に敷いた帆立貝、ウニとキャビアが載せられた帆立貝と、帆立貝の色々な変化を楽しめます。リゾットも帆立貝の形に似せているので、写真映えするでしょう。

鮮魚に関しては、東京の小笠原諸島でとれた旬の魚が提供されます。

国産ビーフ T-ボーン 500g 16000円

The Grill on 30th 国産ビーフ T-ボーン

The Grill on 30th 国産ビーフ T-ボーン

シグネチャーディッシュとなる肉料理のうちのひとつです。国産牛なので、脂もしっかりとしており、非常に柔らかいです。ボリュームは満点で、4人くらいで食べるのがよいでしょう。
マスタードソースと塩の他に、赤ワイン、塩漬け生胡椒 九条葱、青柚子、レフォール、チミチュリの中から2つのコンディメントを選べるのも嬉しいです。

デザート 各1600円

The Grill on 30th デザート

The Grill on 30th デザート

イタリアのガラス器メーカーであるアイヴィヴィのプレートがそれぞれのスイーツを美しく映えさせます。

黒いプレートは、ガトーショコラ&ミルクチョコムース/カラメルハニーアイス。キューブ状のガトーショコラとミルクチョコムースが積み重なり、複雑なチョコレート風味を味わえます。

赤いプレートは、薔薇とピスタチオのムース/赤いフルーツジュレ。ローズとピスタチオが層を成したムースに、酸味が心地よいフルーツジュレが添えられています。女性受けするアシェット デセールでしょう。

黄色のプレートは、パイナップルのクリームと泡のシャーベット。軽やかなパイナップルをテーマにしています。パイナップルクリームの底にはサクサクのサブレが敷かれていて、小気味いい食感です。

■The Grill on 30th(ザ グリル オン サーティース)
住所:東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 30F
TEL:03-5500-6605(直通)
実施時間:ブレックファスト 7:00~10:00、ランチ 11:30~15:00、ディナー 17:30~22:00、ラウンジ 17:30~23:00
アクセス:「台場」駅から直結
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.tokyo.grand-nikko.com/

※データは記事公開時点での内容です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。