子育ての悩み解決は即効性を求めると上手くいかない

育児で悩んだときにまずやるべきこととは?

育児で悩んだときにまずやるべきこととは?

育児の悩みは、様々な要因が複雑に絡まっていることが多いもの。単独の要因がある問題を引き起こしていることはむしろまれです。

そのため、日々出会う問題を、その場その場で対処しようと思うと、うまくいかないことが多いのです。ここでは、育児全体が「なんだかうまくいっていない」と感じたときに、まず取り入れたい心理学的アプローチをまとめてみました。


「一晩で激変」のようなミラクルは起きない

育児相談をしていると、
「弟を叩いてしまうんですが、どうしたら叩かなくなくなりますか?」
というような質問を受けます。

その質問の裏には、
「叩かなくなる方法があるだろう」
「言うことを聞く方法があるだろう」
という思いがあります。共通しているのは、みんな「その場での対処法」を求めているということです。

まるで「頭痛には頭痛薬」「発熱には解熱剤」「傷口には絆創膏」というように、対症療法的な発想で、子育てを捉えてしまっていることが非常に多いのです。

しかし、育児というのは、1人の子の過去、現在、未来がつながっているものです。よって、今、目の前にある問題の引き金は、今にあるわけではないケースがほとんど。「この問題にはこれ」「あの問題にはあれ」というようなアプローチだけでは、対応できないのも当然です。


育児に即効性を求めると危険な面も

問題が起こったときに、その場でなんとか対処しようとばかり考えてしまうと、言うことを聞かせたいあまり、強い力をかけてしまうことも少なくありません。

はじめは、「〇〇しなさい」と優しく言っていたママも、
  • 「何度言ったら分かるの!」 
  • 「いいかげんにしなさい!」 
  • 「まったくママを困らせることばかりして!」 
  • 「どっかに行っちゃいなさい!」
     
とエスカレート。そして終いには、
  • 「罰として、外に出ていなさい!!!」

育児に即効性を求めてしまうと、対処が手荒になる傾向が高いのです。

先ほど、「頭痛には頭痛薬」という例を出しましたが、結局は体も、「飲んですぐ効く」よりも、免疫力を高めたり、食生活に気をつけたり、運動を取り入れたりする包括的なアプローチが、風邪を引かない体を作ります。

心の健康も同じで、「やってすぐ効く」ものよりも、土台を作る包括的な取り組みこそが、育児の諸問題を解決へと結びつけるのです。


育児の原点はアタッチメントにあり

育児で悩んだら、まずは「アタッチメント」に立ち返りましょう。アタッチメントとは、子供が親に感じている精神的な絆のこと。筆者はこれまで多くのところで、アタッチメントの必要性を伝えてきましたが、これに立ち返ると、まず100%、育児が大きく変わります。上に挙げたような個々の悩みまでも、解消してしまうことがよくあります。

なぜなら、その子がいたずらをしたり、意固地になったりするのは、ママの注意を引くためで、それが「アタッチメント強化」で満たされたことで、叩く必要がなくなったり、意固地になる必要がなくなったりすることがよくあるのです。

この場合のアタッチメント強化でおすすめなのは、お子さんとの距離を今よりも縮め、ひと手間かけていくこと。ママとの距離が離れ、子供任せになってしまうと、諸問題が起こりがちだからです。

たとえば、こんな場合。
  • 夕食後、リビングなどでうたたねをさせ、それで寝かしつけにしてしまっている
  • 「宿題をやりなさい」「ピアノの練習をしなさい」と言葉だけで指示を出して、子供任せにしている
  • いつのまにか外へ遊びに行き、いつのまにか家に帰ってきていて、詳しく知らない
  • 週末の午後、家族全員がバラバラなことをしている
     
何でも一人でできるから、もう小学生なのだからと、子供任せにしていることを、あとひと手間かけてあげましょう。
  • 宿題をやるときには、隣に座ってあげる
  • リビングで寝ないように、きちんと布団に寝かせるようにする
  • 友だちが遊びに来たら、おやつを出したりしながら、関わろうとする
  • 車通りの激しい道は、付き添ってあげる
  • 週末の午後は、家族全員でできるゲームをする
このような関わりは、「過保護」とは非なるもので、子供との絆を強めるプラスの働きをしてくれます。「ママがこんなにボクに関わってくれる」と感じることが、多くの問題を解消してくれる助けとなるのです。「こんなことまでやってあげるなんて面倒くさい」「一人でできるのだからおせっかい」と思わずに、あと少し、踏み込んであげてください。

アタッチメント強化は、体の免疫強化と同じような役割を果たすので、外側からの力に耐えうる心を育んでくれます。なので、育児に悩んだら、まずはアタッチメント強化に立ち返ること、これがベストな策です。その土台の補強をしてから、今抱えている悩みに向き合うと、ずっと対処が楽になります。



■夫婦関係のお悩みにまつわる詳細な体験談を、noteで公開スタートしました
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)

経験シェアリングサービス「エクシェア」の、新コンテンツです。
不倫、モラハラ、シングルマザーの恋愛など、なかなか語られることのない体験談を、細かく、具体的に語っていただきました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。