金沢や福井に行くなら“一筆書き切符”が安い

歴史深い金沢は近年人気が上昇中!

歴史深い金沢は近年人気が上昇中!

北陸新幹線開通後、北陸エリアの人気が高まっています。せっかく行くなら、ちょっとでも安く行きたいですよね。実は、東京から北陸までの鉄道運賃を、お得に抑えるワザがあるんです。単純に目的地までの往復切符を買うのでなく、複数の駅を経由し、一筆書きをするようにルートを取る方法。これでお得な北陸旅を楽しむことができます。

例えば、金沢まで行く場合を見てみましょう。東京~金沢の往復切符を利用するのではありません。

東京から、まずは東海道新幹線で名古屋・米原(まいばら)を経由。そこから北陸本線で福井から金沢を目指します。帰りは来た道を戻るのでなく、北陸新幹線を使用して富山・長野を通って帰ってきます。

これで大きな一筆書きの完成。東京発東京行きの、ちょっと特殊な片道切符ということになります。

1720円安い! 途中下車もできるうれしい切符

実際に、東京~金沢の往復切符を買った場合と、この一筆書き切符を使用した時の乗車券運賃を比較してみましょう。
  • 東京~金沢 往復乗車券 1万4680円
  • 東京~金沢~東京 片道乗車券 1万2960円
ご覧のように1720円もお得です。

なぜこれが実現するのでしょうか。JRの乗車券規定には、長距離になればなるほど運賃が安くなる仕組みがあります。一筆書きで旅路を取れば、これをうまく活用できるというわけなのです。

ちょっとしたコツでお得に北陸へGO

ちょっとしたコツでお得に北陸へGO


今回紹介したルートの他にも、一筆書きのバリエーションは豊富。例えば、東京から名古屋・米原経由ではなく、京都方面を経由し、琵琶湖の西側を通って北陸に行くこともできます。この場合、京都の一つ手前の駅・山科を経由地に入れましょう。京都はルートに入っていませんが、山科から片道190円を払えば京都に寄ることができます。

東北方面も一筆書きが可能。東京から、仙台、盛岡、秋田、新潟を経由して東京へ帰ってくる「東北大回りルート」も長い旅路を楽しめそうです。

いずれも安くなる分、距離は長いため、往復ルートよりも時間がかかってしまいます。しかし、時間に追われずにのんびりと鉄道旅を楽しみたい方にはうってつけの切符です。


東京発、東京行きの片道切符を購入しよう

これが一筆書き切符だ!

これが一筆書き切符だ!

実際、このような切符を購入します。(※すでに使用済みのため、改札スタンプが押されています)

東京都区内発、東京都区内行きという、一風変わった切符に見えますが、経由地にご注目。よく見ると、このように記載されています。
  • 経由:新幹線・米原・北陸・金沢・新幹線
この切符は「東京から東京に戻ってくるまでに、東海道新幹線で米原、そこから北陸本線で金沢を経由して、北陸新幹線で帰ってきてくださいね」ということを表しています。

期間は、出発日から7日間有効。「前途無効」とあり、後戻りはできませんが、途中下車は可能。名古屋や福井でも途中下車することができます。

運賃が安くなるばかりでなく、他の駅でも下車できるなんて! 旅の楽しみが広がりますよね。

切符を買うときは駅の窓口がおすすめ

この切符を買うときは、駅の窓口で買うのがいいでしょう。駅の自動券売機は操作が複雑になるので、うまくいかないという情報もあります。

窓口で、東京から東京までの片道切符であること、米原・金沢を経由地にする旨を伝えれば、駅員さんが認識してくれます。ちょっとツウな旅行客だな、なんて、尊敬のまなざしで見られちゃうかもしれませんよ!?

いかがでしたか。鉄道旅を楽しみながら北陸に行きたい人、時間に余裕がある人には、ぜひ利用してほしいこの裏ワザ。この切符を買って、楽しい旅に出かけましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。