50代独身者が増加する、背景は?

undefined

いくつになっても恋愛や結婚は可能。しかし出会いの数は歳とともに減少するのが現実……。


生涯未婚率とは、日本の人口に対し「50歳まで一度も結婚したことがない人」の割合のこと。50歳時点で未婚の人は「将来的にも結婚する予定がない」可能性が高く、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標になっています。

先日発表された国立社会保障・人口問題研究所の調査(2015年)において、生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%という結果になりました。生涯未婚率は、5年に1度実施される国勢調査の結果から割り出しているもの。今回、過去最高の割合になったそうです。

同研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると「いずれは結婚したい」と考える未婚者(18~34歳)の割合は男性85.7%、女性は89.3%とのこと。決して低い数字ではありません。

今の50代は、昭和時代に20~30代を過ごしてきました。今ほど日本人の生き方が多様化していなかった当時は、上記よりさらに結婚を望む人の割合は高かったであろうと想像できます。

それから20年以上が経ち、男性のおよそ4人にひとり、女性のおよそ7人にひとりが未婚でいることには、どんな背景(理由)があるのでしょう。


バブル経験と生き方の多様化が産んだ、「いつまでも現役」思想

今の50代は、20代にバブルを経験しています。彼らは好景気のなか社会人となり、若いうちに多額のボーナスを手にしたり、分不相応に派手な遊びを覚えてきました。そのせいか、50代となった今でも派手なものを好み、男女とも若くて元気な人が多い印象です。

そこに、現代の「生き方の多様化」が加わった今の50代は、筆者の知る限り、「いつまでも現役」な生き方を選んでいるように見受けられます。

未婚の独身者も同様ですが、離婚経験のある独身者においては、「もう一度結婚しよう」と婚活にいそしんだり、50代で3回目の再婚したりと、パワフルな人が多いのも特徴です。

未婚であろうとバツイチであろうと、「いつまでも現役」という気持ちを持ち続けるのは素晴らしいことです。


それでも、出会いの数は歳とともに減少する現実も

ただひとつ気になるのは、現代の未婚独身者に多い「結婚はしないけど、恋愛はしたい」という思想。彼らはまだ健康で収入もあり、独りの生活に不自由していないからこそ、若い頃と同様に恋愛できると考えているのかもしれません。

特に男性は「若い女性と恋愛したい」という望みを持ちがちですが、歳を重ねるほど世代間ギャップが生じ、難しくなります。

50代の独身男性が増加しても、彼らが好む女性が若い世代となれば、同じ50代の独身女性にとって、マッチングの可能性が増えるとはいえません。

いくつになっても「恋愛したい」という気持ちを持ち続けるのは、とてもステキなことですが、悲しいかな、出会いの数は歳を重ねるに従い減っていくのが現実でもあるのです。それが、「いつまでも現役」でありながら、「恋愛はしたいが結婚はしたくない」もしくは「結婚したくてもできない」という両方の状況を生み出しているのではないかと推測します。

現実問題、独身者の絶対数は、歳とともに減少します。

大人世代がいくら若い世代を対象に含めようとしても、はるか年上の大人を恋愛対象として考える若者は、いつの世も少数派。それが現実です。


大人世代ほど、「結婚を前提」に考えたほうが出会いが増える

undefined

頑なに独身を貫くより結婚も視野に入れたほうが 出会いも広がります。


恋愛の楽しさは、安らぎと刺激がもたらします。経験値が増えていけば、その分刺激となるような“初めての経験”は減ってしまいます。年齢に比例して、経験は増えていくので、若い世代のような恋愛で物足りなくなるのも必然で、大人になったからこそ。

「恋愛も結婚も自分の人生には必要ない」……そう考えている人には勧めませんが、少なくとも「恋人が欲しい」「恋愛したい」気持ちを持ち続けているならば、筆者はその先に“結婚”という選択肢をなくさないほうがいいと考えています。

恋愛も結婚も年齢制限はありません。むしろ結婚をあえて避けず、「縁があれば」くらいに捉えておいたほうが出会いの幅は広がります。

なぜなら、婚活サイトやお見合いパーティー、結婚相談所などは「結婚したい」人たちが集まる場です。「結婚したくはないが恋愛したい」では、マッチングが成立しません。

出会いを増やしたい大人世代は、生涯のパートナーを探すことも視野に入れ、婚活市場に参入することがベストな手段ではないでしょうか。

そもそも1950年代まで、日本における結婚はお見合いのほうが主流でした。恋愛結婚がお見合い結婚より多くなったのは、1960年代から。2010年以降(18~35歳対象)のお見合い比率は、5.5%まで減少しています。

直近の数字は36歳以上を含めていないので少なめですが、おそらく大人世代については(結婚相談所を含めた)お見合い比率はもっと高めでしょう。


ライトな恋愛を繰り返すことが、「現役」とは限らない

結婚はしなければいけないものではありません。昔とは違い、ライフプランにおける選択肢の1つではないかと筆者は考えます。ただ、しないよりはしたほうが人生が豊かになるのも確か。

「やってみてダメなら離婚すればいい」というアドバイスはかなり乱暴ですが、「一度くらい経験してみよう」と柔軟に捉えてみてもいいのではないでしょうか。

共に生きるパートナーの存在は、大人になればなるほど“かけがえのないもの”になっていきます。今は結婚のスタイルも多様化しています。同居せず夫婦になってもいいし、逆に同居しても入籍せず事実婚を選んでもいいのです。

大人になった今こそ、ライトな恋愛遍歴を重ねるよりも、それはずっと有意義なものになるはずです。


<参考>
生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK453S6KK45UTFK00G.html


<ガイドからお知らせ>
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。