自動積立定期預金の始め方についてご紹介

貯蓄のコツは、毎月の給与から「天引き」式にすることです。先に貯蓄したい分を取り分け、残ったお金でやりくりすれば誰でも楽に長続きします。でも、毎月、給与口座から他の口座に移すのは手間がかかりますよね。そんなときに便利なのが「自動積立定期預金」。今回は、自動積立定期預金の始め方についてご紹介します。設定は一度だけ。簡単に始められますよ。
 
お金を貯めるための第一歩

お金を貯めるための第一歩

 

「自動積立定期預金」とは?

普通預金口座から、毎月一定額を定期預金口座へ自動振替&積立してくれるのが「自動積立定期預金」です。銀行によって内容は異なりますが、毎月積み立てられた資金を、指定したおまとめ日に1つにまとめて定期預金として運用します。

まとめる頻度は「3カ月ごと」「年に1~2回」、積立額は「1,000円以上」「5,000円以上」などさまざまです。大手都市銀行からネット銀行まで、多くの銀行で取り扱っているので、給与の入る普通預金口座の銀行に問い合わせてみましょう。
 

「自動積立定期預金」に登録するには?

1.まずは条件を確認!
同じ自動積立定期預金でも、銀行によって詳細な条件はさまざま。次の基本的な項目を確認しておきましょう。
 
  • 定期預金にまとめる頻度(毎月・3か月ごと・1年など)
  • 積立の最低金額(千円以上など)
  • 積立期間の定めのあり・なし
  • ボーナスなどの臨時収入のときに増額できるか
  • 随時、自分で預け入れができるか
  • 満期になったときどうなるか(自動解約・自動継続など)
  • 金利

2.窓口・ネット・電話・郵送など口座開設の手段を選ぶ
すでに普通預金口座を持っている場合、大手銀行では窓口・インターネット・電話、郵送などで自動積立定期預金の口座開設ができます。ネット銀行では、ネットで申し込みができるところもあります。自分にとって最も便利な手段で申し込みましょう。普通預金口座を新規で開設する場合には、同時に自動積立定期預金も開設できるか確認してみましょう。

3.自動積立定期預金の口座開設に必要なものを準備する
それぞれの銀行の案内に従って口座を開設しましょう。主に必要になるのは次のものです。
 
  • 振替元の口座情報(支店名・口座種類・口座番号など)
  • 毎月の積立金額・積立期間・振替日など
  • 増額の場合、増額金額や増額月などを決める
 

自動積立定期預金の注意ポイント

自動積立定期預金の口座開設時に、注意しておきたいポイントをいくつかご紹介します。

●引き落とし日が選べないことも
給与からの「天引き貯金」としたい場合、給料日か、給料日の翌日などに振替日を設定することがポイント。銀行によっては振替日を指定できないこともあるので、事前確認が必要です。

●はじめに一定額の預け入れが必要になることも
自動積立定期預金の口座開設時、はじめに一定額の預け入れが必要になることもあります。こちらも事前に確認しておきましょう。

「天引き貯金」で貯金を長続きさせるために、ぜひ自動積立定期預金を始めてみましょう!まずは給与口座のある銀行のホームページや、銀行に置いてあるパンフレットなどで条件を調べてみましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。