大人でも似合う花柄選びのコツ

WEAR

(左)ベースがダークトーンのフラワープリントは、大人っぽく着こなせます。出典:WEAR (右)小花柄のマキシ丈ワンピで、スタイルアップ効果を狙って。出典:WEAR

この春もトレンドに挙がっているモチーフが「花柄」です。着用した途端、女性らしい印象が醸し出せると、年齢を問わず幅広い世代から人気の高いデザインです。ですが、年齢を重ねてくると、何となく可愛すぎて、子供っぽくなり過ぎないか心配だったり、実際に着てみたら、なんかおばさん臭い……など、なかなか難しい柄でもあります。花柄と言っても、たくさんの種類があり、着ている花柄によって大きく印象が変わります。今回は、失敗しない花柄の選び方を5つ伝授。早速、見ていきましょう。

身長の低い人は「小花柄」をセレクト

身長の低い方は、小花柄を選んで体型とのバランスを図るのが正解。大きな柄を選ぶと、重い印象になってしまうので、避けるのが無難です。色は明るい色を選んだ方がベターですが、「年齢的に可愛くなりすぎるのでは?」と心配な方は、ベースがブラックやネイビーといったダークトーンのものを選ぶと甘さが軽減されて、大人女性も取り入れやすいはず。

身長の高い女性は「大きい花柄」を

背の高い人は、基本的に小花柄も大きい花柄も似合うのですが、大きな柄をセレクトすると、引き締まって見えたり、脚が長く見える効果が期待できます。また、目鼻立ちが小さい人も大きい花柄を選ぶと、華やかさがプラスされておすすめです。

大人っぽく着こなすには、ダークトーンを選んで

大人の女性らしく花柄を着こなすためには、ベースの色が濃いめのものを選ぶのと失敗しません。ブラック、ネイビー、カーキなど、甘くなりがちな花柄の印象を引き締めてくれるベースカラーのフラワープリントをセレクトして、大人っぽく演出してみて。

素材はとろみタイプをセレクトして

キュプラやレーヨン、ポリエステルなどの柔らかい「とろみ素材」は、フェミニンな雰囲気を醸し出してくれて、大人女性におすすめです。とろみ素材は、コットンと違って起毛感がなくテロっとしているため、きちんと感を出すことができるので、お仕事着としても◎。また、シワになりにくく、洗濯後のケアも楽なので、忙しい女性の心強い味方になってくれますよ。

甘辛コーデで、花柄特有の甘さを軽減

花柄を取り入れる際は、パンツやスカートなどボトムスで取り入れる方が、大人女性にとって難易度が低くておすすめです。ボトムスに花柄を持ってくる場合は、上半身はライダースを合わせると、フラワープリントの甘さが軽減されて◎。上半身で花柄を取り入れる場合は、今季もトレンドに挙がっているワイドパンツと合わせると、簡単に甘辛コーデが完成します。「トップスに花柄を持ってくると可愛すぎるかな?」と心配な方も、ワイドパンツとの相性は抜群なので、早速取り入れてみてくださいね。

=====================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
=====================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
本当に使える、ユニクロのセットアップの選び方とは?
春のトレンドでアラフォーが手を出してはダメなもの
この春のトレンドボトムス「パラッツォパンツ」って?
初心者にも!アディダスの女性専用ランニングシューズ
ZARAで発見! 今すぐ着たい春のトレンドアウター5

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選

▼着こなしを格上げするテクニックはこちら
簡単! ストール、ショール、マフラーの巻き方12
保存版!デニムがオシャレに見えるロールアップ方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。