親に相続があったときのことを心配して、年末年始などの家族が集まる機会に相続の話をすると良い、という話をよく聞きます。ですが実際の現場では少々違うようです。これがもとでトラブルになり、話がこじれてしまった、という話を相談者からよく聞きます。相続の話を円満に進めるには、タイミングや話のしかたにコツがあるのです。

家族が集まる時のほうが相続の話がしやすいのでは?

相続の話は別の機会で

相続の話は別の機会で

親の相続はもちろん家族全員が関係する話ですから、確かに家族が集まる機会に話をするのもひとつです。ではなぜこの時に相続の話をするとトラブルになることがあるのでしょうか?それは、集まっているのが「家族」だけでなく「親族」までいるということです。

親族がいると相続の話はしたくない?

親にしてみれば、自分の配偶者や子どもとは相続の話はすることはあっても、子どもの配偶者や孫の前ではしたくない、ということがあります。正月の席で「こんな時に縁起でもない」とか「孫のいる前で親の財産をあてにするなんてみっともない」など、親のご機嫌を損ねてしまうと、一度こじれたものはなかなか元に戻らないものです。

相続の話をするタイミングはいつ?

親から積極的に相続の話が出る家庭なら問題が起きることは少ないでしょう。ですが子どもから話をしたい時は、自然と相続の話ができるような機会を作ることが大切です。ポイントは、別の機会に他の親族は連れて行かずまずは自分だけで行くことです。「たまたま近くまで来たから」とか「もうすぐ誕生日だよね」といった理由で構いません。子どものほうもそれなりの年齢になれば、親と子だけで会って話すことも少ないでしょう。親子水入らずで話せる時間というのは本当に掛け替えのないものなのです。


どうやって相続の話になっていくの? 次のページを確認してみましょう