一杯のコーヒーがクリスマスメロディーになる

東京の原宿にあるコーヒーショップ“ネスカフェ 原宿”にて、2016年12月2日~25日までの期間限定でクリスマスイベント“NESCAFE GOLDBLEND BARISTA i COFFEE MOMENT ENSEMBLE(ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ アイ コーヒーモーメント・アンサンブル)”が開催される。

本イベントは、ネスレ日本から2016年10月に発売されたBluetooth機能搭載のコーヒーマシン“ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ]”のコンセプトである「コーヒータイムで『人と人がつながる』」を体感できるというもので、主役は店内中央に設置されたマグカップ型の“木製ピタゴラ楽器”。
原宿に巨大な木製ピタゴラ楽器が出現

原宿に巨大な木製ピタゴラ楽器が出現

バリスタ i[アイ]と連動するアプリ“ネスカフェ アプリ”では自分好みのコーヒーを設定して淹れることができるほか、「いつ、どんな気分でコーヒーを飲んだか」を共有することも可能で、イベントではそれらの仕組みを活用して、前述の木製ピタゴラ楽器でクリスマスメロディーを奏でようというものだ。
バリスタi[アイ]と連動アプリでメロディーを奏でよう

バリスタi[アイ]と連動アプリでメロディーを奏でよう

参加方法はカンタン。木製ピタゴラ楽器の周囲には3台のバリスタ i[アイ]とネスカフェ アプリをインストールしたスマートフォンが設置されており、利用者はそれで自分好みの一杯を淹れるだけ。すると、店内のスクリーンにその“コーヒーモーメント”の情報が赤い小鳥の姿とともに表示され、その鳥が木製ピタゴラ楽器の上部に設置されたモニターに移動すると同時に、木製の球が木製ピタゴラ楽器を転がり出すのだ。
バリスタi[アイ]でコーヒーを淹れるとスタート

バリスタi[アイ]でコーヒーを淹れるとスタート

内部には木琴が設置されており、それに球が当たることでメロディーとなり、同時に本体側面に設置された鉄琴とダルシマーと呼ばれる楽器が伴奏をして、演奏を盛り上げてくれる。


伴奏をする鉄琴とダルシマー

伴奏をする鉄琴とダルシマー

演奏曲は『We wish you a Merry Christmas』、『Joy to the World』、『Winter Wonderland』の3種類。バリスタ i[アイ]ごとに異なる曲が用意されており、またネスカフェ アプリでコーヒーを淹れる際に選択する“エモーティコン(顔文字)”によって伴奏の雰囲気も変化する。悲しいエモーティコンを選べば寂しげに、楽しいエモーティコンを選べば陽気な伴奏になるという仕組みだ。
淹れるときの気分で伴奏も変化する

淹れるときの気分で伴奏も変化する


メディア内覧会には製作者も登場

2016年12月1日に開催されたメディア向け内覧会には、イベントの目玉である木製ピタゴラ楽器を製作した、バスキュールのクリエイティブ・ディレクター 馬場鑑平氏も来場。同氏によれば今年の5月に企画がスタートし、その後製作に5ヵ月を要したそうで、なかでも“動作の堅牢性”にはこだわったそうだ。一般的なピタゴラスイッチは、必ず成功するとは限らないのだが、今回の木製ピタゴラ楽器では毎回成功を求められるため、そこの調整に多くの時間を費やしたという。
内覧会で説明を行った馬場氏

内覧会で説明を行った馬場氏

ちなみに木製ピタゴラ楽器は1450の木製チップと180の木琴で構成されており、寸法は高さ約3.5メートル、幅3メートルと巨大。製作は別の場所で行い、かつ店内へ運ぶときも完成した状態では入らないので、パーツごとに運び入れて組み立てたとのこと。ただ眺めているだけでもかなりの迫力だが、足を運んだ際には細部の動作にも注目したい。演奏中はもちろん、木製の球を本体上部まで巻き上げる機構などもつねに動き続けているので、周囲をぐるっと歩きながら楽しむのがオススメだ。
つねに何かが動いている

つねに何かが動いている

本体背面には、シンボルとも言える赤い小鳥のオブジェ

本体背面には、シンボルとも言える赤い小鳥のオブジェ



2016年12月14日にはクリスマススペシャルライブを実施

クリスマスイベント開催中の12月14日には、一夜限りのスペシャルライブも実施。サウンド・アーティストの蓮沼執太とCOFFEE MOMENT ENSEMBLEがコラボレーションし、クリスマス・ソングをセッションを行なう。詳細はNESCAFE GOLDBLEND BARISTA i COFFEE MOMENT ENSEMBLEの特設サイトから確認してほしい。


[関連サイト]
NESCAFE GOLDBLEND BARISTA i COFFEE MOMENT ENSEMBLE特設サイト


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。