カジュアル系のアウターをのどかに


袖口からチラ魅せすれば腕が長細く見えるundefined

袖口からチラ魅せすれば腕が長細く見える 
(c)Rie Miyata


オーバーサイズ同士の場合、ボトムスはシャープに

オーバーサイズ同士の場合、ボトムスはシャープに (c)Rie Miyata


子どもが大人の服を着たときのようなあどけなさや愛くるしさが「ぶら袖」の持ち味。だから、カジュアル系の服にはぴったり。ロング丈ブルゾンの袖口からグレー地ニットトップスの袖口をチラ魅せ。目の錯覚で腕が長細く見えています。喉を覆ったタートルネックも縦長イメージを引き出し、着ぶくれとは無縁の見え具合に。冬のお約束的アウターになった黒革ライダースジャケットも今シーズンはオーバーサイズ気味が今季は人気。内側に着込んだのは、彼氏から借りたようなビッグサイズのパーカ。袖口をたっぷりはみ出させてライダースの重たさをやわらげています。ダークカラーのアウターに「ぶら袖」はのどかな風情を添えてくれます。量感の豊かな上半身に対して、スキニージーンズのスレンダーさがボリューム落差を生んで、ボトムスをシャープに見せています。

次のページでは、きちんと系ルックに穏やかさをプラス!