カナダ発ウィンターブーツ「SOREL(ソレル)」で足元ぬくぬく

SOREL

半世紀の歴史を持つ老舗ブランド「SOREL(ソレル)」


ブーツが恋しくなる季節になりました。ロングブーツやブーティなど、様々なタイプがありますが、普段使いに重宝するのは、カジュアルなブーツ。気取らないムードやスポーティーな気分を印象づけられるから、アウターで重たく見えがちな冬に頼もしい相棒に。雪と森の国、カナダで誕生したフットウエアブランド「SOREL(ソレル)」は半世紀の歴史を持つ老舗ブランドだけに、ブーツを知り尽くした上で、暖かさと安定感が両立。世界のファッショニスタの愛用者も多く、冬の自在の着こなしを応援してくれます。コーディネートの表情が深くなる、ブーツの着こなしをピックアップしました。

【CONTENTS】
Page 1:◆カナダ発ウィンターブーツ「SOREL(ソレル)」
Page 2:◆ノスタルジック&レトロのハズし役
Page 3:◆ワークウエア、アスレチックにもマッチ

SOREL

極寒の地でも足を守ってくれる、タイムレスな魅力を誇るロングセラーシリーズ (カリブー) 2万1600円(税込) SOREL


足の甲の高さでぐるっと切り替えを施した「カリブー」は40年以上も変わらないデザインで、「ソレル」の代名詞的存在。履き口からあふれてのぞくホワイトファーがレッグラインを細く見せてくれます。タフなイメージもあるから、フェミニンな装いに混ぜると、互いを引き立て合うコーディネートに。ビッグシルエットのアウターに細身パンツを組み合わせると、さらにめりはりが出せます。

SOREL

安定感がありながらスタイルアップを叶えるウェッジソールタイプ (1964プレミアムウェッジ) 2万5920円(税込) SOREL


靴裏がギザギザのウェッジソールは安定感があり、登山靴っぽい風情。深い溝を刻んであるので、グリップ力が高く、滑りにくいから、雪道でも安心です。ゴツめのタイプにはミニワンピースのようなガーリー寄りのウエアで合わせて。ショートアウターを重ね、脚を見せると、健やかな脚線を印象づけやすくなります。

SOREL

軽量で歩きやすさ抜群。天候を気にせず履けるブーツ (コージーカーニバル) 1万2960円(税込) SOREL


ころんとした丸っこいフォルムが愛らしく、見ているだけで癒やされそう。履き口のボアが愛嬌を添えています。ほっこりした表情を生かすなら、ニットセーターを主役に。ベストを羽織って軽快なレイヤードに仕上げました。スカートの色を変えて全体をカラーブロッキングでまとめています。色味が単調になりがちな冬場にこそ使いこなしたいテクニックです。

次のページでは、ノスタルジック&レトロのハズし役に!