恋愛ドラマや恋愛映画を観ながら「こんなふうに守って欲しい……」と感じたことがあると思います。悪の要塞から助け出してくれる、人生の窮地から救ってくれる、理不尽ないじめに立ち向かってくれる。

「ヒーローが私を守ってくれる」という設定は恋の王道です。ということは、夫はあなたのヒーローであることが愛の持続方法。夫に永遠に守ってもらうには、妻は魅力的なヒロインでなければいけません。知らないうちにモンスターワイフにならないよう、気をつけることがあります。

1. 「あなたは私のヒーロー!」と思いながら過ごす

夫婦

夫の存在に助けられているという気持ちを表情にも表してみて

仕事や家事に追われ身体も気持ちもクタクタ。夫が帰宅する頃には疲れはマックス。まだ夕食の準備ができていない、子供の宿題もチェックしてない、やることが山積みの状況は女性から余裕の笑みを奪ってしまいます。

無表情、あるいはちょっと怖い顔で夫に話しかけていませんか?

「テレビ見るくらいならこれやってよ」「洗濯物取り込んでよ」などと夫に吐き出す言葉は、心当たりがあるでしょう。でも、夫側も疲れているので喜んで受け入れてはくれません。

分担して欲しい時、頼みたい時は少し口角をあげる意識をして相手の目を見て「お・ね・が・い」的に伝えましょう。そして、やってもらったら「助かった」「頼りになる」という意識を言葉に出して感謝を。いつも、あなたの存在に助けられているというヒーロー感を醸し出してください。日常の家事のみならず、家族の大きな決断まで。

夫が成し遂げたことに心から拍手し、頼りにしている事を伝えましょう。男性はいつまでもヒーローでいたいのです。

2. 会話は、夫の話を7割聞いてあげる意識を

女性の方が男性よりおしゃべりというのは一般的な事実です。子供の一日の様子を話したり、ママ友の噂話を話したり、職場の出来事を話したり。小さなことまで話したくなるものです。でも平日の夜の時間は短い。本当は夫も話したいことがあるけれど、妻が勢い良く喋っているから遠慮しているかもしれません。

ちょっと自分の話題を引っ込めて、夫の話に耳をすませてみてください。そして相槌を何度も打つ。会話時間の7割は夫に話してもらう意識をすると夫は居心地よく感じます。

3. 夫婦時間、家族時間は意識して分ける

夫婦

夫婦だけの時間を大切に

子供がいると、子供中心のライフスタイルになりがちです。料理の献立、休日の過ごし方、外食のときの店選び。

子育て、教育の方針は家族によって違うものです。子育てスタイルは子供の年齢に応じて話し合う余地ありの案件です。年を重ねてもラブラブなご夫婦を見ていますと、子供と夫婦の関係がボーダレスではありません。子供と過ごす家族時間はしっかり取る。しかし、夫婦二人きりの大人の時間は別に取っています。

みんなでファミリーレストランに行く日もあれば、実家に子供を預けて大人オンリーの店に2人で行く。子供が寝た後、必ず30分テレビを消してお茶を飲む。子供はいずれ手が離れ、旅立ちます。ラブラブ夫婦はその時に喪失感を持たず「やっとふたりきりになれたね!」と言うことができます。

4. 夫の居場所を作る

いつも一緒にいることが円満の秘訣ではありません。女性もひとり時間が欲しいように、男性ももちろんひとりになりたい時間はあります。そのために家のどこかに「ここは俺の場所」的なスペースを確保してください。

住宅構造にもよるのであくまで意識するだけでも結構です。「リビングの黒い椅子はパパの椅子。誰も座っちゃいけません」でもいいし、寝室にパーテーションを置いて「狭いけどパパだけのパソコンスペース」と言うのもOKです。

ベランダでたばこを吸ってもらう……のはちょっと違います。専用スペースがあることで、大事に思われているなというスペシャル感を感じます。

5. 妻が健康&キレイでいること

40代女性

口角を上げて笑顔でいること

私が運営する夫婦仲相談所には、たくさんの女性の方が訪れます。お顔立ちが綺麗な方もいますが、どことなく寂しげで不健康そうな方もいます。

「夫婦仲を修復したい」と思っているのに、損だなあと感じます。まず目線は普段から少し上に向ける意識をしてください。そして笑うこと。ちょっとしたことでも、面倒くさがらずに笑う練習をすると、自然に笑顔が溢れるようになります。

食事と運動に気をつけるのはもちろんですが、もうワンステップ上の綺麗をめざすために、口角を上げて笑顔になることは大切です。

唇メイクに手を抜かない妻に夫は「キス」したくなる

綺麗でいるために、スキンケアに手を抜かない女性たちが増えています。ただ、家にいる時はあまりメイクをしないという方もいます。日焼け止めだけ付けているという方も。家にいるのにメイクをするなんて面倒くさい、つい忘れる。その気持はわかります。でも魅力妻になるために、お顔のワンパーツだけでもメイクすると一瞬で華やぐことを知っておいてください。

メイクの時間は「3秒」でかまいません。唇に色をのせる。すると、顔全体がパッと明るくなるのです。まさに、スポットライトが当たったかのように。私は夫婦で手をつなぐことと、ショートKISSの習慣化を奨励しています。艶のある妻の唇にきっと夫は気づきます。

そんなときに使いたい口紅が「エスプリーク エクラ ルージュ―ブーケ」です。ひと塗りで、ぱっと華やぐ口もと。その秘密は、「魅せ顔レッド成分」です。くすみのない赤色で、従来よりも*血色のよい色を実現した顔料成分を使用しています。

ちょっと年齢を重ねた女性が気になる、唇のくすみや薄さ、小じわなどに、このリップが効果的に華やぎます。そして、にじみ防止成分も配合しているので、きれいな輪郭を保つことができます。
エスプリークundefinedエクラundefinedルージュブーケ

エスプリーク エクラ ルージュブーケ


自分の気分や、お出かけのシーンに合わせて違う色の口紅を使い分けると楽しいですね。「エスプリーク エクラ ルージュブーケ」は、10色あるので肌色や気分に合ったものが見つかります。

恋愛映画のラストシーンは必ずうっとりするようなKISSシーンがありますよね。保湿感の高いオイルがはいっているので、唇がしっとりとして今までのKISSとは違うかも!? 「エスプリーク エクラ ルージュ―ブーケ」で、夫がキスしたくなる妻でい続けましょう。

*自社従来品比

取材協力:コーセー

■もっと知りたい!
エスプリーク エクラ ルージュブーケ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。