7月27日『東京ガーデンテラス紀尾井町』グランドオープン

東京ガーデンテラス紀尾井町

遂に完成!『東京ガーデンテラス紀尾井町』

“赤プリ”の愛称で親しまれてきた東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル。グランドプリンスホテル赤坂と名前が変わり、その後2011年長い歴史に幕をおろしましたが、解体工事中も「赤プリの跡地は何になるの?」と常に注目を集めてきました。あれから5年―。2016年7月27日(水)、約30000平方メートルの広大な敷地にオフィス、ホテル、レストラン、東京都の指定有形文化財などが集合する『東京ガーデンテラス紀尾井町』としてグランドオープンを迎えます。

東京ガーデンテラス紀尾井町は、重箱がイメージデザインという2つのタワーが目印。地上36階の『紀尾井タワー』にはオフィス、ホテル、レストランなどが入り、地上21階の『紀尾井レジデンス』は135戸の賃貸住宅棟です。敷地内には東京都の指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館)を保存・復原した『赤坂プリンス クラシックハウス』もオープンします。
敷地内の緑

この道の先が清水谷公園。パブリックアートもあり、散歩も楽しそう

地上の大部分を緑化し隣接する清水谷公園へつなげるなど、緑が気持ちのいい空間を考えて作っているのが特徴。さらに東京メトロ永田町駅に直結、赤坂見附駅からは徒歩1分というアクセスの良さも魅力です。


最上級のプリンスホテルが開業!

オールデイダイニング『オアシス ガーデン』

36階のオールデイダイニング『オアシス ガーデン』は、東京タワー、東京スカイツリー、なんと埼玉スタジアムまで見えてしまう絶景レストラン

赤プリの跡地だけに期待が高まるのがやはりホテル。紀尾井タワーの最上層7フロアを占めるのが、新ホテル『ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町』です。
タブレット

タブレットの画像をクリックするだけで照明や空調も簡単に調整できます

客室数はプリンスホテルが運営する都内のホテルでは最も少なく、250室。客室にレストラン予約やベッドメイキングサービスの時間指定などをできるタブレットを設置するなどITを積極的に活用し、24時間滞在者一人ひとりのペースに対応するサービスを目指します。
スパ

素晴らしい眺望の30階『スイス・パーフェクション スパ KIOI』はビジターでも利用可能。高級コスメブランド、スイス・パーフェクションの国内初直営サロンです

魅力は眺望を効果的に利用している点。ロビー、レストラン、バー、ジム、プールなどなど、どこもかしこも大都市・東京の景色を大いに楽しめるよう、大きな窓が設えられています。
デラックスキング

最も多いタイプの客室「デラックスキング」

特に各客室には景色が額縁の中に広がっているかのように見える大窓があり、その窓辺にはごろっと転がれるデイベッドが設置。(一部客室にはなし)ステイ中ずっとそこに寝そべっていたくなるような魅力的なスペースなのです。


超高級グルメからカジュアルなダイニングまで

ガーブ セントラル

紀尾井テラス1階の『ガーブ セントラル』

東京ガーデンテラス紀尾井町周辺は気軽にお茶や食事を楽しめるスポットが少ないエリアでしたが、低層階1階~4階の商業ゾーン『紀尾井テラス』には使い勝手のいいカジュアルなショップが揃っていて嬉しい限り。中でもオススメは、紀尾井タワーのエントランスすぐ横というわかりやすい場所にある、テラス席が気持ちいいオールデイダイニング『ガーブ セントラル』。イタリアン、フレンチ、スパニッシュをベースにした料理やお酒を楽しめるレストランで、紀尾井町にありながらウィークリーランチは1000円~という手軽さです。

3~4階は会食などにもふさわしい高級レストランが並んでいますが、スペイン料理のバル&レストラン『エル フエゴ デル トロ』や、グリルレストラン『ノマドグリル・ラウンジ』などランチは1000円台~という店舗もあるので見逃せません。

>次のページ、東京ガーデンテラス紀尾井町にも東京土産があるんです!
ここでしか買えない限定品、ご紹介しましょう