1年を通して日本ユニセフ協会、日本赤十字社などへ寄付が可能

前回の記事『熊本の地震被害にポイントやマイルでも寄付が可能です』では、熊本の地震に対する寄付が可能なポイントを一覧で紹介しましたが、ポイントでの寄付の仕組みは災害が起きた時だけでなく、通常時から存在するものです。

例えば、クレジットカードのポイントであれば、1年を通して日本ユニセフ協会、日本赤十字社、国連UNCHR協会、国境なき医師団などへの寄付が可能です。

では、主要なクレジットカードの主要な寄付先を見てみましょう。

クレジットカードのポイントで寄付

クレジットカードのポイントで寄付


上記は代表的な寄付先ですが、上記以外にも京都大学のiPS細胞研究基金(三井住友カード、セゾンカード、UCカード)やがん研究会(三菱UFJニコス)、日本骨髄バンク(三菱UFJニコス)などの医療に関する寄付先、グリーンベルト運動(オリコカード)、地球環境基金(セゾンカード、UCカード)などの環境関連の寄付先、JCBこども応援基金(JCBカード)など、子どもの学資支援など、各企業で様々な寄付先が用意されています。

この他にも、若手音楽家のサポート(三井住友トラストクラブ)や博物館の文化財修理の寄付(アメリカン・エキスプレス・カード)、JOCオリンピック選手強化寄付プログラム with Visa(エポスカード、ジャックスカードなど)としてオリンピック選手の強化に向けた寄付も可能です。

ジャックスのラブリィポイントの寄付先を調べる方法

ジャックスのラブリィポイントの寄付先を調べる方法

寄付先を見つける方法は、クレジットカードのサイトを表示し、「ポイントを使う」というメニューを表示します。それぞれのコースが表示されますが、「社会貢献」や「チャリティー」「寄付」というメニューを確認することができます。


一度、各企業が用意している寄付先を確認してみてください。各企業が用意している寄付先を見ると、企業の考えなども感じることができ、その企業を応援したくなるかもしれません。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。