ベルギービールの祭典、史上最多150種で開催

undefined

 

2010年に東京・六本木ヒルズで初開催され今年2016年で7年目を迎えるベルギービールの祭典「ベルギービールウィークエンド」。毎年開催都市を増やし、昨年は20万人が来場するなど右肩上がりの成長を続けている。今年は東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台に、金沢、札幌が新たに加わり、全国8都市で全50日間開催。4月27日(水)から名古屋を皮切りに、2016年の祭典がスタートする。

ベルギーは人口約1000万人の小国だが、ビールの醸造所は168あり、造られるビールの数は1500種以上と言われるビール大国。2016年は日本・ベルギー友好150周年を記念して、150種類のビールが揃う。

豊富な種類のビールを11種類に分類。ヒューガルデン ホワイトに代表される小麦を使った「ホワイト・ビール」、世界に11カ所しか存在しないトラピスト会の修道院でのみ造られる「トラピスト・ビール」などの分類に、世界的な人気を受けて昨年新たに加わった「IPA」部門が今年も加わる。

ベルギービールウィークエンドが成功を収めている理由には、昨今のクラフトビールブームも関係していると考えられる。大手ビール会社によって造られるビールはドライな喉越しが特徴的なラガー(下面発酵)が多いが、クラフトビールと呼ばれる小ロットの生産者により生み出されているビールは、より香りの高いエール(上面発酵)がほとんど。

ベルギービールは伝統的に個性的なエールを多く生み出してきており、ワインのようにビールも楽しみたいグルメ感度の高い層、またドライなビールを苦手とする若者・女性にアピール。事実ベルギービールウィークエンド来場者の属性は、女性が53.5%。年齢別では20代が27.9%、30代が35.1%、40代が25.3%となっており中心は20~30代。従来の“中年男性の飲み物”というイメージとは異なるファンを得て、“クラフトビールブール”の一翼としてビール消費の新潮流となっている。

イベントの流れは、下記のとおり。
・専用グラスとコインを購入(割安となる前売り発売あり)
・希望するビールのブースにて、ビール毎に定められた必要枚数のコインで支払い
・専用グラスで飲んだ後は専用洗浄機で洗い、次のビールへ

ベルギー本国で愛されるフリッツ(フライドポテト)やワッフルなど、食事メニューも揃い、またベルギーのアーティストによる生ライブも行われ、150周年にちなんだ抽選など、企画も豊富。

豊かなベルギービールの世界を楽しむと同時に、ベルギーの文化に広く触れられる機会となりそうだ。

ベルギービールウィークエンド2016 概要
名古屋(久屋大通公園)4月27日(水)~5月8日(日)
福岡(市役所前 ふれあい広場)5月12日(木)~5月15日(日)
横浜(山下公園)5月19日(木)~5月22日(日)
金沢(いしかわ四高記念公園)5月25日(水)~5月29日(日)
大阪(新梅田シティ)6月1日(水)~6月5日(日)
札幌(大通公園)6月22日(水)~6月26日(日)
仙台(勾当台公園)7月14日(木)~7月18日(月・祝)
東京(六本木ヒルズアリーナ)9月16日(金)~9月25日(日)

チケット:スターターセット(グラス1個、コイン11枚):税込3100円
※前売りチケットは「BBWオリジナル・コインパウチ」付き
※前売りグループチケット(税込12,400円)は、前売りチケット4枚+「フリッツ」または「ポムピン」の引換券1枚付き
※コイン追加購入可能
※入場料:無料
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。