日本コカ・コーラのCoke ON自動販売機(ニュースリリースより)

日本コカ・コーラのCoke ON自動販売機(ニュースリリースより)

2016年4月8日に日本コカ・コーラがスマホのアプリ自販機を連動する「Coke ON」というサービスを開始しました。スマホに「Coke ON」アプリをダウンロードし、購入前にアプリと自販機を接続。後は普通に飲料を購入すると、アプリ内にスタンプが貯まるという仕組みです。15個貯まったら1本無料で飲むことができます。

「自動販売機でもポイントかぁ」と思った方もいるかもしれませんが。実は自動販売機でのポイントサービスはCoke ONだけではありません

Tカード対応のキリンビバレッジ

キリンビバレッジのTポイントが貯まる自動販売機(ニュースリリースより)

キリンビバレッジのTポイントが貯まる自動販売機(ニュースリリースより)

2011年に登場したTポイントが貯まる自動販売機です。Tカードの読み取り機能が付いていてTカードを通して商品を購入すると、1本につき1ポイント貯まり、200円以上の商品の場合は2ポイント貯まります。

ただし、Tポイントを使って商品を購入することはできません。

既にTカードを保有している場合は、新しいポイントカードを作る必要が無いというのがメリットです。

ダイドー「DyDo Smile STAND」

DyDo Smile STAND自動販売機(ニュースリリースより)

DyDo Smile STAND自動販売機(ニュースリリースより)

Coke ONの発表の直前ですが、ダイドードリンコもスマホ連動の自販機を2016年4月から開始しています。「DyDo Smile STAND」アプリをダウンロードし、対象の自販機で商品購入後にスマホをかざせば1円につき1ポイント貯まります。貯まったポイントは、最新家電や豪華賞品があたるスロットなどのコンテンツに利用することができます。

割引特典ではありませんが、スマホを持っていれば貯まるポイントのため、ダウンロードしておくと楽しむことができますね。

acureメンバーズ+Suicaポイントクラブ

JR東日本駅ナカにある自販機「acure」。事前に「acureメンバーズ」に登録し、Suica等の交通系電子マネーを登録しておきます。

登録した交通系電子マネーで自販機acure商品を買うと1本につき1ポイント貯まります。貯まったポイントは豪華賞品の抽選に使えたり、月替りの飲料に交換することができます。

また、Suicaポイントクラブに登録したSuicaで支払うと、acureでの購入時には別途100円につきSuicaポイントが1ポイント貯まります。貯まったSuicaポイントはSuicaにチャージできます。

どれも、事前に設定が必要ですので、アプリであればダウンロードを、交通系電子マネーのひも付けは、サイトに登録を行っておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。