「捨てる」ことへの罪悪感

お店や企業が着なくなった洋服を回収してくれるので、捨てずにリユースできる。

お店や企業が着なくなった洋服を回収してくれるので、捨てずにリユースできる。

衣替えについては、「そろそろ衣替え!衣類を出品するときのポイント」「衣替えで出た子供服を上手に売るコツ」の記事で書いてきました。捨てるよりはオークションやネットフリマで売った方が何かとお得なのは間違いありません。とはいえ、全部が落札されるとは限りません。使用回数や商品状態、洋服のデザインによっては買い手がつかないこともあります。そうなると買取ショップなどに持ち込むわけですが、それでもダメな場合は捨ててしまうことになります。私自身仕方なく捨てる経験がありますが、その度に罪悪感があったのは事実。「捨てる」ということに多少なりの抵抗があるのです。そこで提案したいのが、リユースなのです。

形を変えずにそのまま次の人に渡す「リユース」

リユースというのは、物をそのままの形で次の人に渡すことです。今では一般的になったリサイクルは、例えばペットボトルが洋服になるというように形が変わることも多々あるので、これとはちょっと違う活動だと思っていいでしょう。もともとは「お下がり」やフリーマーケットなどで次の人に渡してきましたが、ネットの時代になってネットオークションやネットフリマを通してリユースされるようになりました。しかも、そこにお金が発生することもあって捨てるよりも多くのメリットが存在するようになったわけです。

オークションで売れない洋服は回収してもらう

ただ、お金を払ってまで買いたいと思うものばかりではないので、売れ残ってしまった物は最終的にゴミ箱に行くことになっていました。でも、ここ数年で企業が洋服などの回収をするようになったこともあって、捨てずにすむ洋服もたくさんあります。しかも社会貢献につながっていくので、積極的に活用できそうです。その例をいくつか紹介したいと思います。

ユニクロ

ユニクロやGUでは着なくなった古着を店舗で回収しています。店内に専用のボックスがあって、そこに古着を持ち込むことができるのです。ユニクロとGUの洋服に限りますし、お金にはなりませんが、これまで捨てていた服をリユースできるという点では罪悪感がなくなるのは確かです。実際、私もオークションで売れなかったユニクロの洋服を店舗に持っていったことがあります。ボックスにはすでに何着か入っていたので、上手に手放すことができる人はけっこういるのだと感じました。

H&M

こういった活動をしている企業は他にもあります。H&Mでも店舗での回収をしていて、しかもH&M以外の洋服でもOKというのが特徴です。袋に入れて持っていけば、1袋につき500円引きのクーポンまでもらえてしまいます。(クーポンは1日につき2枚までで、3,000円以上の買い物で使えます) H&Mの洋服をよく着る人であれば、上手に活用できると思います。

ナカノ株式会社

捨てるしかないと思っていたカーテンなどもリユースできる

捨てるしかないと思っていたカーテンなどもリユースできる

ナカノ株式会社では洋服だけではなくカーテンやシーツ、布団カバーなども回収しています。カーテンの場合、ボロボロになるまで使うことがないので、捨てるタイミングが難しいと個人的には感じています。それに、やっぱりまだ使えるなと思うので、交換するのをためらうことも。加えてたたんでもけっこうサイズが大きくなるので捨てるときにも大変です。そんなときにはリサイクルしてくれる会社に送ることで上手に処分することができそうです。宅急便で送るだけなので、非常に楽チンですが、送料は送る側が負担するのでこの点は気をつけましょう。

楽天オークション

楽天オークションではオークションゆうパックを使って不用品などを寄附することができます。送り先は多数あるので、モノや使い道によって選んでいく必要がありますが、オークションで売れなかったものなどは、こちらに送ることもできそうです。ちなみに、1配送につき楽天スーパーポイントが10ポイントもらえます。

ERUCA

あまり知られていない不要下着のリユースを行っているのがERUCAです。使わない下着は発展途上国に送られることで、下着不足の解消や雇用の創出になります。当然ながら、送る下着はある程度使えるものに限りますが、まだまだ使えるけど使わない、でも捨てることもできない下着はけっこう眠っているものかもしれません。不要な下着というとなんだか不安になりますが、扱うのは女性スタッフなのでその点は大丈夫です。

セルクルからクイックドゥ88へ

また、以前「忙しい人はこれ!1日だけで物が片付くオークション術」で紹介したセルクルならば、オークションで売ってくれるだけではなく、もし落札されない場合には「クイックドゥ88」で販売する流れができています。ここで売った分のお金は入ってきませんが、落札されなかったからといって捨てられるのではないという点はリユースを考えた場合見逃せないポイントだと思います。



「捨てる」ことへの罪悪感は多くの人にもあると思います。物を持ち続けることが美徳とされた時代もありましたし、物を大切に使うことの大切さを学校や家庭で教えられてきたからです。もちろん、物を大切に使うことは常識的なことですが、それと使い続けるということは違うと私は思っています。物があふれている世の中ではほしい物がどんどん出てくるので、消費活動が行われます。その度に家の中の物が増えていくのだから、やはり処分を考える必要があるでしょう。とはいえ、先ほどのように捨てることへの罪悪感があるから、結局そのままの状態になり片付かないということもあります。

これから洋服やインテリアなどの衣替えをするという人は、捨てる前にリユースを考えてみるといいでしょう。お金になるかもしれないのは言うまでもありませんが、もし売れなくても捨てる罪悪感を失くす方法があるということです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。