3月株式市場の傾向

3月は年度末ということで、大半の企業にとって3月期決算の業績が確定する月であり、決算に伴い株主優待や配当の権利が確定する月です。また、3月は、機関投資家や3月決算企業による決算対策の株式売却や、年度末の決算内容をよく見せるために企業やファンドが自分で買いを入れるドレッシング買いが出やすい月とも言われ、様々な要因で株価が大きく動く月です。今回は、このような3月相場でどのような傾向があるのか過去の株価データを用いて調べてみました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
検証対象:全銘柄
検証期間:1990/03/01~2016/1/31
1銘柄当たりの投資金額:20万円

買い条件
・2月末の最終営業日の寄り付きで買い

売り条件
・25日経過後の翌日営業日寄り付きで売り
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2月末に全銘柄を購入し、25日経過後に売却した場合について検証を行います。仮に、勝率が50%以上で損益がプラスならば、3月は株価が上がりやすい月となります。反対に、損益がマイナスであるならば、3月は下がりやすい月と言えるのではないでしょうか。

以上のルールで過去のデータを用いて検証した結果は、以下の通りです。

■株式市場の傾向(3月)の検証結果
システムトレードの達人

システムトレードの達人

勝率: 53.44 %
勝ち数: 39,707 回
負け数: 34,595 回
引き分け数: 1,914 回

平均損益(円): 3,556 円  平均損益(率): 1.78 %
平均利益(円): 20,361 円  平均利益(率): 10.18 %
平均損失(円): -15,535 円  平均損失(率): -7.77 %

合計損益(円): 271,047,908 円  合計損益(率): 135,524.99 %
合計利益(円): 808,464,121 円  合計利益(率): 404,241.33 %
合計損失(円): -537,416,213 円  合計損失(率): -268,716.34 %

プロフィット・ファクター(合計利益÷合計損失): 1.504
平均保持日数: 27.57 日

以上が、株式市場の傾向(3月)の検証結果です。検証結果を見てみると、勝率は53.44%、平均損益は1.78%です。勝率は5割を上回り、1トレードあたりの平均損益もプラスとなっていることから、3月は株価上昇しやすい傾向があると言えそうです。

3月相場は、3月決算企業の決算対策や、機関投資家が運用ファンドの利回り評価引き上げを目的としたドレッシング買いが入りやすい月と言われています。また、個人投資家も配当や株主優待権利を目的に買いを入れる傾向にあります。一方で、法人企業や機関投資家が決算対策に株式を売却することから、売りも出やすい月とも言われています。買い勢力、売り勢力ともに材料豊富な3月相場ですが、過去のデータを用いて検証した結果によれば、総合的に見て上昇しやすい傾向があると言えるでしょう。

では、3月の傾向をより詳しく確認してみましょう。3月は例年上がりやすい傾向がありますが、その中でも成績が好調な銘柄はどれでしょうか。さっそく確認してみましょう。


3月好調銘柄ランキング

システムトレードの達人

システムトレードの達人


上記の表は先ほどの検証結果において、勝率の高い銘柄のランキングです。ランキング上位の銘柄を見ると、

カナモト<9678>
クオール<3034>
ジャパンフーズ<2599>
三越伊勢丹ホールディングス<3099>

などの銘柄と相性いいようです。これらの銘柄の特長は中小型株です。また、ランキング上位の中には、中小型株だけでなく、JASDAQといった新興銘柄も多数あります。中小型の銘柄や新興銘柄は、大型株と比較すると値動きが激しく投資家の動向が表れやすい市場です。そのため、企業による決算対策の売りが一巡した後は、買いが入りやすく、株価上昇する期待が持てるでしょう。

【期間限定】今回の検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。