デジタル女子よりアナログ女子が愛される理由

デジタル女子は、男性にどう思われているの?

デジタル女子は、男性にどう思われているの?

スマホやパソコンをはじめ、世の中には、便利なものが溢れていますよね。それらがなかった時代に比べると楽だし、時短になるし、ついついなんでも「デジタル」なものに頼りたくなってしまいますよね。

でも男女の脳の違いを考えると、デジタル女子よりアナログ女子が愛される傾向にあるんです。

たとえば、「テレビの配線がわからないの、うちに来てやってくれない?」と彼にお願いするシーン。これ、実は、男性にとってはうれしいコミュニケーションだったんです。

男性が「アナログ女子」が大好きな理由って?

「あなたのためにがんばった」というアナログ感が彼の心をつかむかも。

「あなたのためにがんばった」というアナログ感が彼の心をつかむかも。

実は男性は、自分のために何かをしてくれる女性が大好きな生き物です。「自分のために手間ひまをかけ、時間を使ってくれた」ということを愛情として受け取るんですね。ふだんの男社会では「過程よりも結果」を求めがちなぶん、恋愛となると「女性らしさ」のひとつとして、そういった「手間ひま」を重視するようになるのですね。

とはいえ、さすがに行動のすべてをアナログにするのでは大変です(笑)。パソコンやスマホは必需品ですし、LINEやメールも一切しない女性では逆に出会いの場も狭まってしまいますよね。

そんなときは好きな男性に対するアプローチの「ひとつ」をピンポイントでアナログにしてみてください。

たとえば、
・彼の部屋に泊まったとき、雑巾で掃除をする。
・ちょっとしたお礼に、手書きの手紙を添える。
・スマホで検索した時短料理を作るよりも、ごはんを土鍋で炊いてみる。
・最新型のコーヒーメーカーよりも、ハンドドリップでコーヒーを淹れる。

……そんな女性にグッと来てしまうものなんです。

アナログ男子は、女子に不評?

ちょっとアナログな「男のこだわり」は、女性の目には、どう写るの?

ちょっとアナログな「男のこだわり」は、女性の目には、どう写るの?

では、逆に、「アナログ男子」に対する女性の反応はどうでしょうか? 実は……あまり評判がよくないんです!

女性って、男性の細かいこだわりというのを理解できないもの。「面倒臭い」「うっとうしい」と感じてしまい、拒否反応を示してしまう人のほうが多いんです。

たとえば、男性が最近コーヒーに凝っていて、あなたは特にこだわりがなかった、としましょう。

彼がうれしそうに手挽きのコーヒーミルで豆を挽きはじめて、「20分待ってて、最高のコーヒーを淹れるよ」なんて言ったら……女性は、「え、そんなに待つの!? 私、ほったらかしじゃん!」と痺れを切らしてしまうかもしれませんよね。

理解できない「こだわりの豆」について彼が語り始めたりすれば、「なんで、そんなものが好きなの?」と共感できないことにイライラしてしまう上、「それって、私よりも大事なの?」と彼の理解できない一面に、嫉妬すら感じてしまうものなんです。

また、女性は、自分ができないことをサラリとできる男性に頼りがいを感じるものです。ですから逆に、男性が(一般的に女性が苦手とされている)「デジタルの配線は苦手」と言ったとしたら、「なんだ、このひとって頼りない」……と無意識に思ってしまうものです。

こんなことを言うと、「そんなの、男女差別!」と言われてしまいそうですが、実際にそう思ってしまうのが、男女脳の違いというものなのです。クレームを言うよりも、上手に利用するのが愛されるコツですよ!

いかがでしたでしょうか?
デジタルなものを使いこなす女性もステキですが、愛される女性を目指すなら、うまくアナログの部分も取り入れてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。