モダンで個性的なデザインの駅舎

重厚かつ歴史的な建造物の駅舎がある一方で、斬新なデザインで、一見駅なのかどうか分からない個性的な駅がいくつもある。今回は、話題の建築家が設計したり、海外でも評判になっているモダンで気になる駅をいくつか取り上げてみた。

話題の隈研吾氏デザイン!その1 高尾山口駅(京王高尾線)

高尾山口駅

新しくなった高尾山口駅

都心からは手軽な行楽地高尾山。最近は海外からの観光客も多数訪れている。そうした人たちが鉄道利用するときの玄関口が京王電鉄の高尾山口駅だ。人気をさらに盛り上げるためか、昨2015年春に大改装された。
高尾山口駅ホーム

和風な雰囲気の高尾山口駅ホーム

新駅舎をデザインしたのは、新国立競技場の設計を担当することで一躍有名になった隈研吾氏。隈氏らしく木(高尾山のスギ並木にちなんで杉材)を多用したユニークな駅舎である。駅裏には、2015年11月に日帰り温泉施設がオープン。駅舎とともに話題になっている。
京王線ラッピング電車

高尾山観光キャンペーンの京王線ラッピング電車

また、高尾山をPRするために緑色主体のラッピング車両も1編成登場し、今、京王線で行く高尾山が注目を集めている。

話題の隈研吾氏デザイン!その2 宝積寺駅(JR東北本線)

JR宝積寺駅入口

JR宝積寺駅入口

隈研吾氏がデザインしたもうひとつの駅は、栃木県にあるJR東北本線の宝積寺(ほうしゃくじ)駅だ。天井の複雑な木組みデザインには圧倒される。東口に直結する「ちょっ蔵広場」と同化したようなデザインの統一が見事だ。
JR宝積寺駅コンコース

JR宝積寺駅コンコース


インパクトのある金沢駅(北陸新幹線など)

鼓門

JR金沢駅の顔ともいうべき鼓門

新幹線が発着する駅は、概して面白みのない近代的なビルとなっているものが多い。しかし、中には個性的でインパクトのあるものもある。その代表的なものは、北陸新幹線の金沢駅であろう。
もてなしドーム下から鼓門を望む

金沢駅もてなしドーム下から鼓門を望む

近代的なガラス張りの「もてなしドーム」とその前に立ちはだかる鼓門。2つの異質なものの対比が面白い。この金沢駅は、アメリカの旅行誌「Travel & Leisure」にて「世界で最も美しい駅14選」に選ばれるなど、海外でも注目を集めている。

近代と伝統の融合 長野駅(北陸新幹線、信越本線など)

JR長野駅

リニューアルされたJR長野駅

北陸新幹線金沢開業で中間駅となってしまった長野駅も、面目を一新し、善光寺の門前町にふさわしい堂々とした構えとなった。
JR長野駅の庇(ひさし)下

JR長野駅の庇(ひさし)下

近代的な造りの中にも伝統を感じさせる秀逸な建造物である。
  

パラグライダーをイメージした赤湯駅(山形新幹線、山形鉄道)

JR赤湯駅

流麗な屋根のカーブが特徴のJR赤湯駅

山形新幹線の赤湯駅は、流麗なカーブを描いた個性的な建物である。パラグライダーをイメージしているとのことで、駅近くにある南陽スカイパークでパラグライダーが楽しめることに因んだためである。建築家鈴木エドワードの設計で、1995年の通商産業省グッドデザイン賞など多くの賞を受けている。東京駅から「つばさ」で約2時間20分。赤湯温泉のみならず、第3セクター山形鉄道の乗換駅でもある。
東京行き「つばさ」

JR赤湯駅に到着した東京行き「つばさ」