【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

恋愛に夢中になれないから、結婚する気にならない?

笑顔で電話をしている女性

仕事もプライベートも充実しているけれど、恋愛は?

「素敵な恋をしたい、結婚したい」という気持ちと、独身ならではの自由なライフスタイルを維持したい気持ちが交差するあまり、何年も好きな人ができないという独身女性の相談が増えています。

彼女たちは、理想が高すぎる、出会いがない……というだけではなく、自分の気持ちのなかに好きな人ができない理由があるのかもしれません。

たとえば、今の時代、こんな独身女性が多いようです。

「恋愛や結婚を諦めているわけではないけれど、自分の仕事やライフスタイルを今から変えるのも、何となく面倒臭い……でも、こんなことを言っていては、いつまでも幸せにはなれないことはわかっている」
「そう言いながらも、自分のペースで過ごす日々も悪くないような気もする……」
「自分がものすごく優柔不断なのはわかっているけれど、自由で気ままな今の生活が好きな自分がいる」

――つい最近も、こんな相談を受けました。

「出会いはそれなりにあるけれど、夢中になれる男性がなかなかいません。仕事も充実していて、自分の生活のペースができあがっているので、それはそれでとても毎日がいい感じに過ごせているからなのかもしれません……」(40代・女性)

まず、相談をくださった女性のケースの場合、出会いがあるというのはとても素晴らしいことだと思いました。大人の女性になると出会いの場は減っていきがちですが、なにごともチャンスは多ければ多い方が良いですよね。

でも、その反面、「もっと良い人がいるのでは」と疑心暗鬼になったり、「私なんて相手にされない……」と急に自分に自信が持てなくなったり、出会えば出会うほどいろいろと悩んでしまうこともありそうですね。

さっそく、一緒に考えていきましょう。

「身近な男性」が運命の人かもしれません

男性2人女性1人で笑って話しをしている

こうして何気なく毎日接している人の中に、運命の人がいるかもしれません。

「出会いは多いのに自分の理想にピッタリの人ってなかなかいない」……と感じている人にオススメしたいのが、友達、同僚などのカテゴリーにこだわらず、自分の周りの男性をちょっと見渡してみるということです。

仕事とプライベートに充実した「自分なりのライフスタイル」が定着しすぎていると、周囲の素敵な人の存在に気づけない女性が多いのです。もしかしたら近すぎて、今までまったく目に入っていなかった人が、「え? この人が運命の人かも?」なんて、あなたのすぐ近くにいるかもしれませんよ。

また、本当は素敵な人の存在に気づいていても、気づかないふりをしてしまう女性も少なくありません。

「良い人がいれば、恋愛したい」なんて言いながら、新しい恋愛をするのが面倒になって、気づかないふりをしていませんか? その反面、素敵な人を見つけると、無意識のうちに「私はもう、年齢的に新しく恋愛をはじめるのは難しい」なんて弱気になったりしていませんか?

今までは全てが自由で気ままだった自分が、果たして恋愛・結婚をして自分以外の人のことに気を配る生活をしたところで本当に幸せになれるのか……または、今の自分にある程度の満足感があるからこそ、自分が思い描くような恋愛に出会えないなら、積極的になる必要があるのか、という不安も出てくるのではないでしょうか。


どうせ無理、と「年齢差」のせいにしていませんか?

周囲に運命の人がいるのに、気づかない振りをしている女性のなかには、年齢差を気にしすぎているケースがあります。「いいな」と思う人が年下過ぎて、本当は自分の心が動きかけているのに、「どうせ、無理」などと、あきらめてしまうも少なくないようです。

女性は自分の年齢が上がるにつれて「絶対にこの人が好き!」と思える男性にもなかなか出会えなくなると言いますが、それは、もしかしたら年齢や世間体に縛られて視野が狭くなっているだけなのかもしれません。

確かに、年齢の差があまりにも開きすぎている場合には、考え方や経験に差が出やすいかもしれません。でも、そもそも2人の人間が寄り添うため大切なのは、お互いの心が寄り添い合えるかどうか、相手の世界を理解しようとする気持ちがあるかどうか、相手を認めて受け入れられる気持ちがあるかどうかなのです。

何も始まらないうちから考えすぎてしまうと、まだ見ぬ恋愛の良さや楽しさを知ることなく、終わらせてしまう可能性があり、とてももったいないこと。まずは、年齢などの「世間体」に縛られずに視野を広げてみましょう。

お互いに自分たちが納得できていれば、人がどう思おうと関係ありません。あくまでも自分と相手の気持ち・考え方に寄り添いながら、判断していけばいいのです。


恋から遠ざかっている人は、3つの「気持ちの準備」を!

笑顔で話しをしている髪を一つに束ねた女性

生活習慣を変えて、笑顔上手になれば、気持ちも明るく元気になれます。

それでも夢中になれる男性がいない、でも、本当は恋愛をしたい……と思っている方に、やってみてもらいたいことが3つあります。

まずは、自分の心の壁を取り除いてみましょう。

心の壁とは、「無理」「自信がない」「面倒臭い」などの、心の中に潜んでいるマイナスの感情のことです。プラスの感情は、「恋愛や結婚を望んでいるのかわからないけど、憧れはある」という曖昧な気持ちでもいいんです。まずは、マイナスの感情を取り除いたオープンな心にしておくことで、いつ恋愛のチャンスがきてもすぐに受け入れられる態勢を整えておきましょう。気持ちだけでも準備しておくのと、何もしていないのとでは、かなり状況が変わってきますよ。

次に、年齢に負けない自分磨きをしておく。

「もう、おばさんだから」「もう、いい年齢だから」「面倒臭い」このような気持ちを取り払い、身だしなみを整えたり、鏡の前で常に笑顔を作ってみましょう。笑顔の自分を見慣れておくことで、 明るくイキイキと過ごせるようになります。そして、「笑顔の人には不幸はやってこない」という気持ちで、「幸運体質」を作り上げていきましょう。表情が明るいだけで「幸せ」がやってきます。

そして、規則正しい生活習慣も取り入れてみましょう。

基本的なことですが、実は、とても大事なのです。毎日の生活リズム、食生活の内容、健康的な体が資本であり、バランスの取れた心を作ることができます。

心と体はいつも同時進行なので、片方が良くて片方が悪い場合には全てのバランスが崩れてしまい、進行してしまいますと精神的な病にも繋がりますので、とても重要になります。

生活リズムを整えて、どんどん外出する習慣をつければ出会いの場も広がりますし、家事や洗濯・掃除で身の回りを整えると心の健康はもちろん、ダイエットや身だしなみにもつながります。また、恋愛や結婚というのは、基本的には「他人を自分のテリトリーに入れる」「他人と一緒に暮らす」ことにつながっているので、そういった面でも他人を受け入れやすくなります。


もしも恋をしたら……その気持ちに「夢中」になってみて!

上記のことを試して、本当の恋愛をしたら、どうなるのか、どうすればいいのかも考えてみましょう。

そもそもいろいろな経験をし、修羅場を乗り越えてきた大人の女性は、何に対しても、簡単に気持ちが動かなくなりがちです。

でも、だからこそ「この人!」という男性が現れたときの「気持ちの揺れ」は、とてもわかりやすいものであるはずです。

「他の人にはまったく興味がなかったけれど、こんなに気持ちが揺れることってあるのだな」って……その素直で率直な気持ちが沸き起こることこそ、とても大事で、すばらしいことです。

もし、自分のなかにそういう気持ちが起こったときにはあまり難しく考えすぎないで。迷わず自分の心に素直に従ってみてくださいね。心がときめいて弾む感覚を味わい、心のままに「夢中」になってください。

きっと自分でも気が付かなかった、とても素敵な自分を知ることができます。そして、そういう気持ちになれる人が現れたとき、「恋愛なんて面倒臭い」とはきっと思わなくなっているでしょう。

つまり、「本気で恋愛できる心を作ること」と「本気で恋に落ちること」、どちらが先ということはありません。でも、自分を変えたいと思ったら、少しずつできることがあります。

あなたにとって新たな風が舞い込む、素晴らしい一年になりますよう、今年も更に全力で心から応援させて頂きますね。

【大人の女性にオススメする関連記事】
年下男子と付き合う女性が陥りがちなマイナスの心理とは?
「大人の恋愛をしなきゃ」は良い恋愛を遠ざける呪いの言葉かも?
幸せを遠ざける「奥さんと私、どっちが好き?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。