ホームに停まっている列車の車体に書いてある記号の意味

鉄道用語、鉄道車両用語には様々なものがあり、身近なようでいて、鉄道ファン以外には敷居が高いものが多い。ホームに停まっている列車の車体に書かれている記号には、どんな意味があるのか、今さら聞けない用語や記号の基礎知識をまとめてみた。

その1:モハ、クハ、キハ……って何?

クハ

クハは運転台付きの電車で普通車のこと


モハ、クハ、サハ、という記号は、電車の車体に記されている。よく見かけるのではないだろうか?

「モ」は、モーター付きの車両、「ク」は運転台のある車両、「サ」は、モーターなしの車両という意味である。2番目の「ハ」は車両の等級で、かつては、「イ」=1等、「ロ」=2等、「ハ」=3等を表わしていた。

その後、等級が整理され、1等が廃止、ロとハだけの2種類となり、さらに、2等が1等に、3等が2等に変更となり、「ロ」=新しい1等、「ハ」=新しい2等を表わすようになる。そして、1等がグリーン車と改名、2等は普通車となり、現在、「ロ」=グリーン車、「ハ」=普通車を表わすこととなった。

したがって、
「モハ」=モーターつき車両の普通車
「クモハ」=運転台があり、モーター付きの普通車
「サロ」=モーターなし車両のグリーン車
という意味である。

また、「ネ」=寝る=寝台車という意味なので、「クハネ」=運転台つきのB寝台車(寝台車でAはグリーン車に相当するランク、Bは普通車に相当するランク)となる。「サロハネ」=モーターなしで、1両のなかにA寝台とB寝台が並存している車両のことである。
キハ

キハはディーゼルカーの普通車。ちなみに行先標示板のことは「サボ」という


一方、「キハ」の「キ」は気動車(ディーゼルカー)のこと。「キハ」=普通車のディーゼルカー、「キロ」=ディーゼルカーのグリーン車である。なお、ディーゼルカーは、特急用などごく一部をのぞいて、運転台がついているので、電車のように「ク」という記号は使わない。また、ほとんどの車両に動力(エンジン)がついているので、「モ」や「サ」で区別することもなく(まれにキサハという車両がある)、「キハ」といえば、運転台も動力もついている。