250ccスポーツクラスの人気を作り出したカワサキの新しい挑戦

ニンジャ250SLundefinedフロントビュー

ニンジャ250SL フロントビュー


2000年代前半にブームになったのがビッグスクーターブームなら、今現在ブームと言っていい盛り上がりを見せているのが安価な250ccスポーツバイク。

そして、そのブームの先駆けとなったのがカワサキ・ニンジャ250Rです。50万円を切った価格設定とフルカウルをまとったスポーティーな外観、ビギナーでも扱いやすい31ps/11000rpmを出力するエンジン、セパレートハンドルを採用しながら比較的余裕があるライディングポジションなどエントリーユーザーにも優しい設計がヒットの一因となりました。

ニンジャ250Rの大ヒットをきっかけに250ccスポーツバイクブームは広がり、ホンダCBR250RやヤマハYZF-R25などライバル車輌が続々登場。ユーザーの選択肢が広がる結果となりました。

そして、ニンジャ250Rの大ヒットを作り出したカワサキが新しく250ccスポーツバイクジャンルに送り出してきたのがニンジャ250SLです。ニンジャ250Rが二気筒エンジンを搭載するバイクなのに対してニンジャ250SLは単気筒エンジンを搭載したフルカウルバイクとなっています。

ニンジャ250Rがリリースされた時の価格にも驚きましたが、ニンジャ250SLの価格はなんと45万9000円(税込み)! 登場当時は50万円を切って販売されていたニンジャ250Rですが、後継機のニンジャ250(現行車輌はRがつかなくなりました)は55万3500円。

前モデルのニンジャ250Rはタイ生産でしたが、現行のニンジャ250は国内生産になり細部のクオリティが上がったものの価格は値上がりしてしまった印象があります。

しかし、そこにさらに安い価格で新しいニンジャシリーズを投入してくるとは驚きです。

価格はとても安く魅力的なのですが、はたして試乗してみるとどうか?今回もニンジャ250SLを一週間都内の通勤で試乗してインプレッションをお届けします。

まずはニンジャ250SLの装備をチェック!

ニンジャ250SL サイドビュー

ニンジャ250SL サイドビュー


ニンジャ250SLの実車を見て驚きました。とてもコンパクトなので初めて見た人は125ccバイクと感じてしまうかもしれません。

ニンジャ250SLの「SL」はスーパーライトを意味しており、軽量さが魅力のモデルとなっています。車輌重量は149kgですので、同じ250cc単気筒エンジンを搭載するホンダのCBR250R【161kg】と比べてもはるかに軽量。

実際に二台を見比べてみると、ニンジャ250SLの方がやはりコンパクトに感じます。

軽量ボディはバイクの押し引きなども楽になるため、エントリーユーザー向けの配慮なのかと思ったのですが、跨ってみるとスーパースポーツなみにハンドル位置が低く、ライディングポジションはかなりの前傾姿勢となります。

ニンジャ250、CBR250R、YZF-R25など250ccクラススポーツバイクは他にもありますが、どのバイクもセパレートハンドルを採用していながらライディングポジションには余裕があります。しかし、ニンジャ250SLは本格的なスポーツポジションを採用しています。

ニンジャ250SLには小さいウインドスクリーンが装着されていますが、前述したように前傾ポジションになるために加速時のウインドプロテクション効果がしっかりと発揮され、体の中心から腕の付け根ぐらいまでしっかりとカバーしてくれます。

シートは細身でシート高は780mm。身長165cmで足の長くない筆者でも足つき性に不安を感じることはありませんでした。

スペックと価格だけ見ればエントリーユーザー向けの車輌と思われるニンジャ250SLですが本格的なスポーツポジションを採用する点など、カワサキの狙いはどこなのか?実際に街中で試乗して体感してみたいと思います。