食文化のるつぼ、カリフォルニアで流行中のスローファストフードとは

スローファストフード1

 

スローファストフードとは、地産地消のヘルシーなスローフードと手軽に食べられるファストフードを掛け合わせたもので、ロサンゼルス・サンフランシスコを中心に流行中の食事スタイル。美味しくてヘルシーだからお腹いっぱい食べても罪悪感がない、幸せな満腹感を得られるのが魅力です。

そんな魅力あふれるスローファストフードを日本で食べられるお店「sage & fennel」が2015年11月2日、東京・広尾にオープン。キーワードは「You are what you eat.(食べたもので、あなたは作られている)」で、本場のスローファストフードの魅力を直に体感したオーナー&シェフが、日々都会で暮らす人々の心と体を癒し、健康へと導いてくれる料理を提供します。

「sage & fennel」の料理とこだわり

「sage & fennel」の料理の提供方法は主に2つ。12~14種類以上のメニューの中から好きなものを選べるデリスタイルと、オーダーが入ってから作り始めるその日一番の旬の食材を使った数量限定シェフズプレート(11月中頃よりスタート予定)です。
スローファストフード2

 

デリスタイルで選べるのは「アトリエノマドのリーフサラダ・ゴルゴンゾー・キヌア・クランベリー」、「王ヶ頭(おうがとう)かぼちゃと宿儺(すくな)かぼちゃのロースト シナモン風味」など、思わずオーダーしたくなるユニークなメニューが並びます。また、デリでは珍しいできたてをその場で切り分けてくれるスロークックされた肉や煮込み料理、四季折々の野菜をふんだんに使った温冷スープもおすすめです。

契約農家から季節の旬野菜を取り寄せ“素材ありき”で新メニューを開発するのが「sage & fennel」ならではのこだわり。素材のみならず、空間デザインにもこだわっており、ホワイト×グレーをベースに、挿し色としてゴールドをレイアウト。シンプルで落ち着きのある店内は、ショーケース内の色鮮やかな料理を引き立たせるための演出でもあるのです。イートインだけではなく、テイクアウトやケータリングサービスもあるそうで、シーンにあわせて気軽に料理を味わうことができるのも嬉しいポイントです。

厳選野菜をふんだんに使ったヘルシーな料理で、健康的な満腹感を提供する「スローフード」に、イートインからテイクアウト、ケータリングまで気軽に食べられる「ファスト(手軽に素早く)」が加わった「sage & fennel」のスローファストフード。現代の東京に生きる私たちにこそ必要な食事スタイルなのかもしれません。ぜひ一度「sage & fennel」に足を運び、お腹いっぱいの幸せを味わってみてください。

<DATA>
sage & fennel / セージ・アンド・フェンネル
オープン:2015年11月2日(月)
住所:東京都渋谷区広尾5-19-6
※地下鉄日比谷線 広尾駅から徒歩4分
TEL:03-6450-4789
営業時間 :11:30 ~ 23:00
定休日:月曜日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。