街中では断トツCVTモードが使いやすい

スカイウェイブ250undefinedリアビュー

スカイウェイブ250 リアビュー


街中は法定速度60km/h。この速度域までであれば、CVTモードが活躍する頻度が最も高いと言えるでしょう。加速・減速全てのシチュエーションで変速するATモードは意外と変速ショックが大きくギクシャクしてしまうことがありました。

またスカイウェイブ250は250ccビッグスクータークラスの中で最もエンジンの出力が高い車輌なのですが、車輌重量が重くライバル車輌と比べると軽快さには欠ける印象です。ですが安定感は抜群で特に高速走行時にはライバル車輌に比べても優れている印象です。

走行時の衝撃を和らげるリアサスペンションは一般的な車輌と違い車体下側に装着されているため、パット見ただけでは装着されていないようにも見えます。しかし非常に乗り心地の良いサスペンションです。

その秘密は一本のバネで柔らかさとしなやかさを両立させるプログレッシブ効果を実現する機構を搭載しているためです。整備された路面では柔らかく動き、段差の大きな路面ではしなやかに動くサスペンションは非常に乗り心地が良く、スポーツ走行時の安定性も実現しています。

足回りで言えば先代モデルまで搭載されていたコンビネーションブレーキは廃止されました。リアブレーキをかけた際にフロントブレーキも一緒に作動するシステムですが、現行モデルでは廃止されています。

ただし一般的なバイクに比べるとしっかりとリアブレーキも効く印象です。かけすぎれば当然ロックしてしまいますが、コーナーでスピードを出しすぎてしまった時の速度調整やリアブレーキをかけながらアクセルを回してリアを沈めながら走るなんて事も出来るので運転に慣れてくればコンビネーションブレーキよりも扱いやすいかもしれません。

最も走行安定性を感じる250cc ビッグスクーター

スカイウェイブ250はライバルの250ccビッグスクーターの中でも最も安定した走行安定性を感じることが出来ます。印象としてはヤマハのマジェスティが最も軽快感があり、スカイウェイブが最も走行安定性が高く、ホンダのフォルツァはその間という印象です。

250ccクラスであれば高速道路も走行することが出来ますが、高速道路を走るのであれば三台の中でスカイウェイブが最も適していると言えます。その理由の一つはタイヤの大きさです。フロントに120mm、リアには150mm幅のタイヤを装備しており接地面が広いために軽快さにはかけますが安定感はしっかりします。

クラストップレベルの出力を誇るエンジンを備えているので、走り出しこそ他の二台に比べて軽快さにかけますが、ある程度のスピード域になれば優れた加速性能を発揮します。

収納性と高速走行での安定感をビッグスクーターを選ぶならスカイウェイブ250一択になるでしょう。

スカイウェイブ250タイプMのエンジン音 マフラー音 各部詳細はこちらの動画でご確認下さい。



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。