Aspire to moreで“憧れ”を与える家電を目指す

2015年10月7日から10日まで、千葉県の幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展“CEATEC JAPAN 2015”。その開幕に先駆けて、パナソニックがプレス向けのプレゼンを実施。ブースでの出展内容を発表するとともに、今後の家電戦略における新たなコンセプト「Aspire to more(くらしにもっと憧れを)」をお披露目した。
undefined

 

2018年に迎える創業100周年に全社売上10兆円を目指すパナソニック。家電事業は2.3兆円規模の売上を目標としており、今回の新コンセプトはそれを牽引する役目を担うことになる。

本間氏。

本間氏。

パナソニック株式会社 常務取締役 アプライアンス社 社長の本間哲朗氏によれば、同コンセプトは“デザイン”、“イノベーション”、“単品から空間へ『場』の創造”、“カスタマータッチポイント”という4つの視点で展開。「まだ形になっていない商品を創造し“憧れ”を与える」ことを目的としており、パナソニックならではの日本の知恵と技術を結集したブランド“Jコンセプト”もその一貫となる。加えて中国・アジア地域に向けたプレミアム商品の投入や、先般発表されたななめドラム洗濯機「キューブル」を始めとした“ふだんプレミアム”などの取り組みでもAspire to moreを推進していく考えだ。

 

CEATEC会場にはHDR対応高輝度次世代テレビを参考出品

上記の新コンセプトなどを受けて、CEATEC JAPAN 2015のパナソニックブースでは“少し先の暮らし”が展開される。キッチン、ダイニング、リビング、ベッドルームという4つのカテゴリーで、2018年~20年までに実現可能な住空間を提案。水素社会に向けた取り組みとして、純水素型燃料電池や光水素生成技術も紹介予定だ。
undefined

 

2020年の東京五輪に向けて大幅な拡大が見込まれる4K市場向けの取り組みは「見る」、「撮る」、「残す」がテーマ。HDR対応高輝度次世代テレビを参考出品するほか、Ultra HD ブルーレイの再生に対応した世界初のブルーレイディスクレコーダー“DIGAプレミアムモデルDMR-UBZ1”、3つの4Kフォトモードを搭載したLUMIXも展示される。
undefined

 

undefined

 


Technicsは売上100億円に挑戦

小川氏。

小川氏。

ブランド誕生から50周年の節目を迎えた高級オーディオブランド“Technics”は「音の宝石箱」を提案。“プレミアムクラスSC-C500”、“ステレオヘッドホンT700”の出展に加えて、新開発のアナログターンテーブルを参考出品する。

パナソニック株式会社 役員 アプライアンス社 ホームエンターテインメント事業部 テクニクス事業推進室長の小川理子氏は「オーディオにこだわったことがない人にも出会ってほしいと思っています」と語り、2018年にTechnicsの売上100億円に挑戦する考えも明らかにした。

 

2020年東京五輪に向けた取り組み

プレゼンの最後では、2020年の東京五輪に向けた取り組みにも言及。ワールドワイド公式パートナーとして大会への貢献はもちろんのこと、パナソニックでは“それ以降”も視野に入れている。訪日外国人向けのスマートコミュニケーション、クールスポットを始めとしたスマートコミュニティーの普及などで、2020年をきっかけに変わる暮らしをより豊かなものにしていく考えだ。
undefined

 


[関連リンク]
CEATEC JAPAN 2015公式サイト



【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。