歯科医院の選択

どうしても歯科インプラントにしなければならない場合、何を基準に歯科医院を選びますか?

これまで数度にわたり歯科インプラントにかかる治療費について書かせて頂きましたが、やはり多くの方が一番興味を持たれる内容ですので、今回はより具体的に踏み込んだ金額についてお話したいと思います。

ここに記載されている物はおおよその参考金額となります。以前までの記事「歯科インプラントにかかる費用」「歯科インプラントの治療費の内訳について」と一緒にご覧ください。

基本的な治療費

もちろん実際にお口の状況を拝見してみなければ明確な金額は出せませんが、歯科インプラントの基本的な治療費はおよそ下記の内容となっております。

  1. 精密診断料 
    インプラントの埋入前に様々な情報を入手することは安全な手術を行う上で必要不可欠です。すべてのケースで、レントゲン撮影・口腔内写真撮影以外に3DCTで撮影した3次元画像による事前精密診断を行う医院も増えています。顎の部分の骨量・骨質・危険個所(上顎洞や下歯槽神経など治療の際に触れたり傷つけたくない箇所)を確認し、手術のプランニングを行うのです。
    3DCT撮影&事前診断料としての全体の相場はおよそ1~5万円となります。

  2. サージガイド製作費用 
    事前確認で行った綿密なプランニングの通りに、正確な位置に歯科インプラントを埋入するための手術サポート器具です。単純な症例の場合は無料で製作する場合もありますが、安定しない状況での特殊ケースの場合は費用が発生致します。
    相場はおよそ2万円~
    。埋入する本数によって金額は変動しますので、多くのインプラント埋入が必要な場合は10万円程度になる場合もあります。医院によっては1の精密診断料に含まれているところもあるようです。

  3. インプラント手術費用
    インプラント埋入箇所を歯肉で覆い、治癒を待って改めて2次手術で歯肉を貫通させる2回法も1度で行う1回法の場合も基本は同じ金額です。
    相場は1本につきおよそ20万円~50万円
    。使用するインプラントメーカーによっても変動しますが、実績のある歯科医院やしっかりとした保証がある場合はこのくらいの相場でお考えいただくと良いでしょう。前歯の場合は2次手術が複雑になりますので30万円~になります。

  4. アバットメントに掛かる費用
    インプラントと上部構造を繋ぐ部分。チタン製が多く、既製品もありますが患者さん一人一人の歯肉の形態に合わせてオーダーメイドで製作することも可能です。既製のアバットメントに比べ、歯肉周囲が清掃性の良い理想的な形態の上部構造を装着することができます
    チタン製の場合は約2万円~10万円が相場
    、上部構造を取り付ける際に下のアバットメントの色が透けることが無いジルコニア製のアバットメントの場合は5万円~15万円になります。

  5. 上部構造(クラウン)製作費
    使用する素材は症例や医院によって様々ですが歯根膜が無い歯科インプラントには緩衝が無いのでクラウン自体に強度が必要ですし、汚れの付着を抑え且つ審美性も保つため金属フレーム付合成樹脂やセラミックを選択しない医院も増えているかと思います。
    相場は約8万円~15万円程
    。現在国際的なスタンダードになっているのは審美性も強度もあるCAD/CAMで製作する2ケイ酸リチウム。ジルコニアを使用する場合は色調に限界がありますが、食いしばりや歯ぎしりといった強い負担の掛かる咬み合わせのケースに有効です。ジルコニアオールセラミックスの相場は15万円~20万円位となります。

  6. 仮歯 
    歯科インプラントの上部構造が装着されるまでの仮歯はプラスチックで製作され1本5,000~20,000円です。最終的な上部構造と同じようにインプラントに負担させるための慣らし運転用の仮歯は無料の医院も。仮歯の審美性を向上させたり、意図的に長期使用する場合は素材の変更等もあり1万~2万円となります。

以上が基本的な歯科インプラントの治療費となります。ベースは3+4+5の金額。この他、1の事前診断の際で骨量不足がみられ骨補填する必要が有ったり、歯肉の退縮で移植が必要になったり、通常の2次手術ではなく特殊な処置が必要な場合は別途費用が発生いたします。

歯科インプラント治療の費用対効果

一般的に、強度のあるオールセラミックブリッジ(1本は歯根の無いダミー。2本の支台で3本を支える)が平均30万円~35万円と考えると、歯科インプラントの場合は約2、3割ほど費用が高くなります。しかし、1本1本の歯が独立していることやブリッジを装着するために前後の健康な歯を削らなくて良いことなど、長い目で見て歯科インプラントを選択するメリットは果てしなく大きいと考えます。

歯科インプラント広告の見極めと歯科医院選び

上部構造

天然歯に近い上部構造で快適なインプラントライフを。

生体に人工物を埋め込むインプラント治療ですので、長期安定性や安全性を危ういものにしてまで低価格にすることは出来ません。インターネットなどでは低価格インプラントの広告が乱立していますが、しっかりとした判断で歯科医院を選んで頂くことが大切です。

歯科治療全般的にいえることですが、特にインプラント治療の場合は術者の経験や技術による結果の差が大きいのでその辺りを加味しない単純な治療費のみの比較ではなく知識や技術、医院の雰囲気、相性なども含めた総合的な比較材料でかかりつけの医院を見つけることが必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項