ディープウォーター・ホライズン、海底で起こった事故

メキシコ湾のルイジアナ州沖。爆発事故はこの周辺で起こり、現在では流出した原油が湾一帯に広がっている

メキシコ湾のルイジアナ州沖。爆発事故はこの周辺で起こり、現在では流出した原油が湾一帯に広がっている

全ての始まりは、4月20日にメキシコ湾の石油掘削施設で起こった爆発事故でした。この施設の名前は「ディープウォーター・ホライズン(以下DH)」。1500メートル海底から原油を採取するための施設でした。

この施設内で4月20日に爆発が起こり、海底から原油を汲み上げるための掘削パイプが3ヶ所破損し、そこからメキシコ湾の海に原油が際限なく流出してしまったのが、今回の事故です。

メキシコ湾全体にどんどん拡散し、流出元自体をなんとかしてふさぐしか、止めようがありません。そして、この流出は事故から1ヶ月以上経った5月末になっても、まだ止まりません。

過去最悪の流出量

アメリカ政府の発表によると、DHからメキシコ湾に流れ出る原油の流出量は推定で1日に1万2000~1万9000バレル。この量から単純に計算すると、5月28日現在で事故発生から合計で42万~66万5000バレルの原油が流出したことになります。1989年にアラスカ州沖で起きた、タンカー「エクソン・バルディーズ号」座礁事故時の原油流出量、25万バレルを抜いて過去最悪となりました。

参考までに、1997年に日本海で起こったロシアのタンカー「ナホトカ号」の事故では、約4万バレルの重油が流出しました。今回は、単純にすでに10倍以上。