レストランテ『Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)』は、美食家のメッカとも言われ、南イタリアの自然が作りだす豊潤な食材で作られる絶品のディナーを求めて、人が集まります。その、南イタリアの粋を極めたような室内は、伝統と先進の絶妙なバランスのインテリアになっています。おいしさの余韻を広げるインテリアをお楽しみください。

チャーミングな赤をアクセントにしたレストラン

『Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)』のゴージャスなインテリア

『Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)』のゴージャスなインテリア

真っ白い空間に、ゴージャスなシャンデリアや骨董の家具・絵画が配置され、南イタリアの明るさを象徴するかのようなローズカラーを軸にしてコーディネートされています。椅子の座には大きなペオニー(牡丹の花)のパターンが使われ印象的です。白いドアの向こうは大きなテーブルが設えられたスペシャルなルームになっています。


『Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)』とは!

Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)の外観

Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)の外観

南イタリア・ナポリ湾の南に位置するソレント(Sorrento)とポジターノ(Positano)の間にある『Santa’Agata sui due Golfi(サンタ・アガタ・スイ・ドウェ・ゴルフィ)』という町を、噂を聞きつけた世界中の美食家が『Don Alfonso1890(ドン・アルフォンソ)』を訪ねて、レモンとオリーブの木の間の曲がりくねった街道を登ってきます。小さな町サンタ・アガタの教会の隣、木立に囲まれたサーモンピンクの瀟洒な建物がドン・アルフォソンです。


次ページは「ホワイト空間に浮かぶ華やかなローズピンク椅子」です。