「受験勉強の合間にラジオを聴いていた」
「パーソナリティのことを友達だと思い込むほど身近に感じた」

青春時代を思い返すと、ラジオの存在が大きかったという方もいらっしゃるかもしれません。以前はラジオも情報収集と娯楽のツールのひとつでしたが、インターネットとスマートフォンの普及で現在は遠ざかりつつあります。

そんな今こそ改めてラジオの魅力に注目しつつ、『radiko.jp』アプリを使った新しいラジオの聴取スタイルをご紹介します。

全国のラジオ番組を楽しむエリアフリーが“使える”

area

プレミアム機能のエリアフリーなら全国の登録ラジオ局の番組を楽しむことができる


『radiko.jp』を起動すると、GPSで今いる場所から聴取可能なラジオ局が表示されます。これだけでも十分楽しめますが、プレミアム会員になるとエリアフリーで全国の参加ラジオ局の番組の聴取が可能になります。出張先や旅行先でいつもの番組を楽しんだり、スポーツ中継は出身地のラジオ局で地元贔屓の応援で盛り上がったり、離れて住む家族や大切な人を思って地域情報を聴いてみたりetc。どこにいてもリアルタイムで欲しい地域の情報を得られるのが魅力です。
(※プレミアム会員はPCから登録することができます)

お気に入りの番組と曲を管理するクリップが“使える”

clip

クリップした番組はリマインダーで聴き逃しなし、曲はいつでも簡単購入


リアルタイムで最新の情報を楽しめるのが『radiko.jp』の特徴でもあります。お気に入りの番組や気になる曲は、どんどんクリップして管理しましょう。番組はリマインダー機能を活用すれば聴き逃しを防ぐことができます。気になる曲が流れたらオンエア曲をチェックしてクリップしておけば、曲情報の確認もオンライン購入もいつでも簡単に行うことができます。

プレゼント応募や投稿にもアプリの簡単操作で“使える”

oubo

イベントやプレゼント情報もアプリ内で確認と応募が可能、内容に関する意見をSNSで共有することも
 

ラジオはリスナー参加型の番組も多いです。かつてはプレゼントの応募・リクエスト・番組への投稿をする際は、ハガキや電話が主流でした。メールやWebからの投稿はパーソナリティの言うアドレスやURLにアクセスする必要がありました。

『radiko.jp』ではそういった応募や投稿に関する煩わしさがなく、アプリで行う簡単操作が新しいスタイルです。SNSを利用した投稿はハッシュタグ付きで、パーソナリティにも確実に届く安心感があります。

最新トレンドからヒット曲まで、番組情報が“使える”

bangumi

知りたい情報を検索して、気になる番組をタップすれば詳しい番組情報がわかる


最新トレンドからヒット曲まで、欲しい情報を取り扱う番組をキーワード検索で探すことができます。気になる番組があればタップして番組情報の詳細をチェックしてみましょう。

ラジオにはパーソナリティの個性が活きた“ネタ”を得られる醍醐味があります。こちらが求める情報だけではなく、思わず「へ~!」と言ってしまうようなプラスαの情報を得られるのもラジオの魅力です。

災害時にもライフラインとして“使える”

00000JAPAN

災害時に無料で開放される公衆無線LANサービスのSSID


大規模な災害時には無料で公衆無線LANが開放され、統一されたSSID『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が提供されます。これにより、インターネットラジオで情報を把握することが可能になります。過去の震災でも安否情報を放送するラジオ局もありましたので、『radiko.jp』を経由して離れた家族の安否を確認することもできるでしょう。エリアフリーなので各地の情報が入手できるのも強味です。

最後に

ラジオはアナログな情報ツールでありながら、インターネットラジオとしての『radiko.jp』アプリになったことで、これまでとは全く違うラジオ聴取スタイルが楽しめるようになりました。ラジオのある生活を懐かしく思う方も、送ったことの無い方も、新しいラジオライフを楽しんでみませんか?




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。