以前、夏のペット搬送の仕方で、移動の際の注意事項をいくつかお伝えしました。家庭内ではまず大丈夫と思っておりましたら、連日のこの猛暑です。

皆さんいろいろな対策を講じておられるかと思いますが、暑さを乗り切るためのアドバイスをいくつかお伝えします。

まず、念頭に置いていただきたいこと、これは前にも書きましたが、

犬や猫は毛皮を着ていることを忘れずに

毛皮の分で、人の何十倍も暑いのです。犬種によっては、本来日本のような暑い国で飼われることを前提としていないものもあります。

橇犬として飼われたシベリアン・ハスキーなどがその典型です。これらの犬種は、逆に零下10度以下になっても元気に屋外で寝ています。長い間住んでいた国から、この高温多湿の日本にペットとして連れてこられているのです。ぜひ飼主さんのご配慮をお願いします。

また、これらの寒冷地で飼育されていた犬種に限らず、犬は全般に夏に弱いものです。「獣医師が忙しいのは夏で、冬は閑である」というデータがそれを裏付けています。夏の時期は愛犬・愛猫を見て、「今日も元気だなあ」と思う前に、「本当はすごく暑いんだろうな」という認識をまず持っていただきたいのです。


炎天下の散歩は避ける

よく、日中に散歩をさせている人を見かけますが、散歩は早朝か夕方に。夜もおすすめです。

日中の地表面温度は40度以上、アスファルト上ですと50度近くなります。あなたは靴を履いても犬は肉球だけです。自分で一度裸足で歩いてみてはどうでしょうか?

それでも散歩させてもらえると思ってついてくる犬が可哀想でなりません。どうしても暑い日中に外を連れ歩く場合は、帰ってから涼しい部屋で休ませる、などの配慮が必要です。


室内に入れても、温度管理を忘れずに

これは猫も犬も同じことです。マンションにお住まいの飼主さんで、心ある方はクーラーをつけて外出されると思いますが、たまに電気代を惜しむ人がいます。
マンションはいわば四方から熱気を受けるタワーのようなもの。「帰宅していたらぐったりしていた」というケースもまれではありません。

電気代を惜しんだ結果、治療費がそれ以上にがかかってしまっては意味がありません。電気代はペットを飼う経費として計上してください。


屋外飼育の場合の注意点

屋外飼育なら大丈夫か? というと、それも言いきれないのがこの猛暑です。屋外飼育の方にぜひおすすめしたいのは、犬のいる環境を飼い主がチェックすることです。

一番暑い時期に、その場に立って見てください。どうでしょうか?
あなたはその場にずっとつながれて耐えられますか?

夏場だけでも柵をして移動できる環境を作る、などの配慮をぜひお願いします。そして屋外でできるだけ涼しい場所を選べるようにしてあげてください。また、一定時間だけ室内で過ごさせるのも一方法です。犬も安心しますし、体調を毎日チェックすることができます。


皮膚炎に注意

夏に多い病気の一つが細菌性の皮膚炎と、ノミアレルギーです。気温が高いので、細菌感染が急激に膿皮症に発展することがあります。これは犬も猫も同じです。
  • 不機嫌そうにしている
  • しょっちゅう皮膚をかいている
  • 歯で尻尾の周囲を噛んでいる
などの様子が見られたら、獣医師に見せてください。


その移動、本当に必要ですか?

お盆に愛犬を連れての旅行を予定されているる方も多いと思います。最近はフェリーに乗せる方も増えました。しかし皆さんが御存知ないだけで、旅先での死亡例は結構多いのです。特に高齢犬・持病のある犬は要注意です。

フェリーのケージも消毒はしてあると思いますが、そこで起こることに完全な責任を取ってくれる訳ではありません。犬も猫も自分の縄張りから出るのは不安です。飼主が「旅行させてあげよう」と思って、喜んでいるペットは意外と少ないかもしれません。しなくていい移動は避けるのが賢明です。

健康に不安のある犬も、そうでない犬も、ペットショップに預けるなどの対策を取りましょう。


サービスエリアでのトラブルに注意

待つ犬

飼主さん、早く帰ってあげてください!

ドッグランなど整備されているサービスエリアが多くなりました。その分他の犬との接触が増えます。

よく、自分の犬が他の犬の匂いを嗅いでいるのを見て「お友達と思ってるのね!」などと言う方がありますが、それは甘い考えです。そのまま「ガブッ!」ということも起こりうるので、他の犬に近づかないのが賢明です。喧嘩などで怪我をしない、させないように十分注意してください。




■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。