消費電力を抑えることが夏の電気代節約の第一歩

エアコンの電気代を抑えるには、消費電力を抑えることが大切です。エアコンをガンガンかけると消費電力は高くなりますので、結果的に電気代も高くなります。エアコンを穏やかに使い効率よく部屋を涼しくできれば、電気代も抑えることができるようになります。では、どのような事に気を付ければいいかチェックしていきましょう。

帰宅後、まずは空気の入替え

家に帰ると部屋の中は蒸し暑い!すぐにエアコンを入れたくなりますが、ちょっと待って!暑くなっている部屋でエアコンを入れてしまうと、多くの電力を消費することになります。

まずは家中の空気の入れ替えをしましょう。閉めきった家の中は電化製品がある為、外気より温度が高くなってしまいます。できるだけ風通りがよくなるように窓を2ヵ所以上明けましょう。それだけでも部屋の温度は2~3度は変わるはずです。そうしてからエアコンのスイッチオンです!

エアコンと扇風機の併用で空気を循環させる

エアコンと扇風機の併用で、空気の流れを良くしましょう。扇風機が冷気をかくはんしてくれるので、冷気が体に当たり体感温度が下がります。扇風機の電気代は、1時間1円。使わない手はありません。他にも、シーリングファンと併用することも、冷気を循環させることになります。

エアコンの運転モードは「自動運転」

ファンの風量を自動運転にすることで、エアコンに内蔵されている室温検知が有効活用され、室温が設定温度に近づいたら、微風運転に切り替えコンプレッサーを停めて消費電力を抑え運転にすることができます。手動で風量を調節すると、快適温度になっても運転を弱めることはないので、消費電力を無駄に使ってしまうことになります。

エアコンのフィルターをこまめに清掃

フィルターにほこりが詰まった状態だと、当然ながら空気の循環を悪くし、風量が減少し、結果的に消費電力を高め、電気代の高騰につながります。掃除機等でフィルターの掃除を2週間に1度は行いましょう。最近のエアコンには自動お掃除もついています。このような機能がついているだけで、日々の掃除の手間は省けます。

遮光カーテンで日差しと外気を遮断

イメージ

すだれで涼しく

カーテンは閉めておきます。遮光カーテンは光を遮るので、外気の影響を受けにくく、更にエアコンの効き目を良くする効果もあります。他にも外からすだれや、緑のカーテンで直射日光を防ぐのもいいでしょう。気分的にも見た目的にも涼しくなります。

体を直接冷やす

暑い日はどうしてもエアコンをガンガン入れたくなります。部屋が涼しくなるにも多少の時間がかかります。エアコンで部屋が涼しくなるまでの間にアイスノンを首に巻く、軽くシャワーを浴びる。体を冷やす食品、スイカやアイスを食べる。直接体が冷やすことでエアコンをガンガン入れなくても体感温度はぐっと下がります。

デスクワークでも、保冷剤に薄めのタオルを巻き、その上に足を置いて仕事をすると、ひんやりとして気持ちいいものです。足湯の逆バージョンですね。しかし、あまり体を冷やし続けると、冷え症や体調不良になりますので、気をつけましょう。

【関連記事をチェック】
水道光熱費オタクが伝授!光熱費節約術
水道光熱費節約オタクが伝授!水道代の節約術
夏休みで増える4大支出に備える!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。