ネットオークションを「買い」の方で利用する場合、できるだけ安い商品を選ぶのは当然のこと。でも、サイトを選ぶことは案外していなかもしれません。そこで今回は、できるだけ安く買うためのオークションサイト選びについて書いてみたいと思います。

競争率が低いサイトを利用する

入札件数が増えると価格が上がって行くというオークションの特徴を踏まえると、安く買うためには入札件数が少ないことがカギになります。もちろん、スタート価格が高い場合は例外になりますが、ほとんど変わらない場合には、そもそもユーザー数が少ない方が安く買える可能性が高いという話になりますね。たとえば、市場規模で日本最大であるヤフオク! よりも、モバオクの方が競争率が低く、安く買える可能性が高いということです。

憧れのロレックス。新品よりは安いけど、利用するオークションサイトを選ぶと、もっとお得になる。画像はモバオクより

憧れのロレックス。新品よりは安いけど、利用するオークションサイトを選ぶと、もっとお得になる。画像はモバオクより

仮にロレックスのエクスプローラーで比べてみましょう。ヤフオク! の場合には、中古品でも30万円近くまで価格が上がっています。高いものになると40万円も超えるほど。一方、モバオクの場合、ほとんど同じ状態でなんと10万円程度です。入札件数で見ると、モバオクも多数あるのですが、それにしてもこの価格の差には驚いてしまいます。

このようなブランド品は人気商品のひとつなので、需要という意味ではヤフオク! でもモバオクでも同くらいの割合だと思います。しかしながら、こんなに大きな差が生まれるのは、見ている人の数の絶対値の違いだと考えています。オークションに入札するときには、自分の予算を考えて、最初からその金額で入札することもあります。その予算額も人それぞれ違うと思いますが、他のユーザーよりも高い金額を考えている人の数が多いのは、割合から言うとやはりヤフオク! だと推測されます。


消費税にも注意

消費税がかからないモバオク。落札金額が大きいほど、お得になる

消費税がかからないモバオク。落札金額が大きいほど、お得になる

より安く買うためには、消費税にも注意が必要です。ヤフオク!の場合、ストアから落札すると消費税8%がとられます。なので「3万円で落札した!」と思っても、支払う金額は32,400円です。一方、モバオクの場合には消費税はかかりません。ということは、仮に落札金額が同じであれば、モバオクの方が2,400円もお得ということになります。

特にブランド品はリサイクルショップなどが出品していることが多いので、消費税がかかることがしばしば。金額が高いだけに、消費税の額もバカになりません。そういった細かい点を踏まえて落札するオークションサイトを選ぶのが、安く買うコツなのです。

【関連記事】
無駄金を使うことなく欲しいものをゲットする
個人から物を買う、消費税0%の個人間取引の時代
消費税増税8%を0%にする方法



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。