リーズナブルにいただく絶品うな重

まほろばundefined入り口

まほろば 入り口

夏本番にむけて、今からスタミナをつけておきたいトコロ。夏の食べ物といえば……、そうウナギです! 蒲焼きにした時の、湯気と共に立ち上る、あのなんとも言えない香りは日本人にとってはたまらないですよね。 

値段が高騰しているなどのニュースも耳にしますが、今回は1000円台で味わえる、絶品ウナギ専門店をご紹介します!

まほろば」があるのは、内幸町駅近く。新橋駅からのアクセスもいい好立地です。こちらの「うな重」は、国産の主に高知県産のウナギを丸ごと1匹使用してランチは1900円(サラダ・お新香・みそ汁付き)です。
うな重(1900円)

うな重(1900円)


使用するウナギは、生育年数1年程度のもので、身は若干小ぶりながらも、繊細な舌触りを楽しめます。活きたまま仕入れ、蒸し上げてから炭火で皮目をパリッと焼き上げています。

熱々をほおばれば、あふれでるコクと風味がたまりません! また、うな重になくてはならない山椒も、青山椒をペッパーミルにいれて用意してあるので、引き立ての清々しい香りを楽しめます。

ダシにとけだす脂がたまらない!

もう1品オススメしたいのが「ひつまぶし丼」(1750円)です。こちらは蒸さずに焼きだけで仕上げているため、香ばしさが満点。まずはそのままいただいた後は、カツオ節と昆布からとる上品な味わいのダシや薬味と共に食します。
ひつまぶし丼(1750円)

ひつまぶし丼(1750円)


熱いダシを注げば、みるみるうちにウナギの脂がしみ出し、ダシにさらなるコクと旨味を与えています。蒸さないことで、ダシを吸っても表面のパリッとした歯触りがいきています。

もうちょっとウナギを楽しみたいという方のために、とっておきのおつまみをご紹介しましょう。何もつけずにそのまま焼き上げ、ワサビ醤油でいただく「白焼き」は、どこのお店にもありますが、タレのかわりに醤油を塗って焼き上げるコチラの「醤油焼き」(1800円)は、なかなかお目にかかれません。
醤油焼き(1800円)

醤油焼き(1800円)

醤油のほのかに焦げた香ばしさと、豊かな甘みのウナギの脂の相性はコレ以上ないってくらいに抜群! 白飯に合わせて食べるのもいいですが、キリリと冷えた日本酒と合わせると、もう言葉もありません! ちなみにアルコールも店主の出身地である高知県産を中心に揃えています。

夜は「ひれ巻串(背びれとニンニクの芽)」(1本150円)や、「短尺串(ウナギの串焼き)」(1本400円)など、おつまみメニューも豊富。さあ、夏のスタミナ食、ウナギを食べに出かけませんか?

■まほろば
【所在地】:東京都港区新橋2-2-4 パイオニアビル2 1F
【電話番号】:03-6268-8007
【営業時間】:11:15~14:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
【定休日】:土日祝
【地図】:Yahoo! 地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。