取り回しの重さに反して走り出すと軽快さが際立つ

スカイウェイブ650LX サイドビュー

スカイウェイブ650LX サイドビュー


スカイウェイブ650LXの車輌重量は277kg。しかも重心が高いのでバイクを押し引きする際には気を使いますが、走り出してみると軽快さを感じます。最大出力50ps/7000rpmの並列2気筒エンジンは走り出しから100km/hぐらいまで滑らかに力強く加速します。

しかもハンドリングが非常に軽く、重いバイクを運転しているようには全く感じません。またスカイウェイブ650LXには減速比を可変させる電子制御式CVTを採用しています。簡単に言ってしまえば、ノーマルモード、パワーモード、マニュアルモードの三つのモードを選ぶことができる機能です。

スカイウェイブ650LXに限ったことではありませんが、スクーターのマニュアルモードは変速ボタンに気が行ってしまい他の操作がおろそかになってしまうことがあるので、私はほとんど使いませんが、通常モードよりもメリハリの効いた力強い走りを楽しめるパワーモードは気分に合わせて使うとなかなか面白い機能です。

加速はもちろん鋭くなるのですが、エンジンブレーキもしっかりと効くようになるため、減速にもメリハリがでてスポーツ走行には最適なモードと言えます。

ブレーキシステムはABSを標準装備しており、あえてリアブレーキを強めにかけてみたりしましたが、ロックすることなくブレーキのタッチも決して悪くはありませんでした。重い車体のスカイウェイブ650LXですが、軽快なハンドリング、安心感のあるABSを標準装備、低速から中速域までパワフルに加速するパワーユニットを備えているのでとにかく軽快さを際立って感じるバイクです。

教習車のイメージを一蹴した試乗となりました

スカイウェイブ650LX リアビュー

スカイウェイブ650LX リアビュー


教習仕様のスカイウェイブ650と今回試乗したスカイウェイブ650LXの仕様がどこまで違うのかは明確ではありませんが、少なくとも教習でスカイウェイブ650に乗った時には軽快さのかけらも感じませんでした。

それに対して今回の試乗で感じたのはとにかく軽快さです。低速から中速域を重視したセッティングのエンジンは意外にも上の方ではあまり伸びませんが、高速道路で100km巡航するぐらいは余裕です。

車体が重いため押し引きには苦労しますが、一度乗り出してしまえば軽快に街中を駆け抜けられるので通勤から通学、買い物まで幅広く活躍することができそうです。

スカイウェイブ650LXのエンジン音 マフラー音 各部詳細はこちらの動画でご確認下さい

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。